2017.03.24

初診コンサルティングのツール②

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
コンテンツ案①
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

多くの一般生活者に対して当てはまる内容といたしまして、厚生労働省をはじめとした公官庁の調査を出典とした口腔状態に関する統計データが活用できます。

例えば、厚生労働省のホームページに掲載されている『被用者保険におけるデータ分析に基づく保健事業事例集』調査では歯科医療費と医科医療費の相関関係について統計データがあり、『歯周疾患のある集団は、ない集団と比較して医科医療費が高く、年齢があがるほどその差は大きくなる』(平成25年、厚生労働省保険局保険課, P140)という結果が出ています。

歯周病は全ての生活者に関わる慢性疾患であるという説明に加えて、全身疾患との相関性があるというこちらの調査結果を合わせてに示することで、定期的に歯科医院に通い、口腔健康状態を維持する事の重要性をエビデンスベースで訴える事ができます。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
コンテンツ案②
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

年齢や性別等一定のグループに共通する内容といたしまして、8020推進財団のホームページにて様々なデータが公開されておりますので、こちらの参照をお勧めいたします。

例えば、同ホームページ上で公開されている『永久歯の抜歯原因調査報告書』http://www.8020zaidan.or.jp/pdf/jigyo/bassi.pdf
では、年代別に抜歯の主原因と抜去歯の状態を各処置別にまとめたデータありますが、主原因では歯周病に続き、齲蝕が多く全体の74.2%を占めている一方で、20.5%の健常歯が抜去されているといデータがあります。
(財団法人8020推進財団, 平成17年 P14-16)

ここから、如何にブラッシングをすることで虫歯予防に務めていてもホームケアでの歯周病予防には限界があることをデータで示す事ができます。更にデータを参照すると、健全歯の抜歯は50代後半から一気に増加する傾向にあります。こちらの研究結果は壮年期の患者さんに定期来院と歯周病のケア重要性を解く際、有効な情報となります。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
コンテンツ案③
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

また、公官庁を出典とする情報だけでなく、著名な歯科医師や歯科大の教授の発表する資料や著書から引用し、説明ツールを作成する手法もあります。

例えば、鶴見大学歯学部附属病院、病院長でYK全国セミナーでもご講演頂いております朝田芳信先生は『0歳からの口腔育成』という書籍の監修をされております。こちらの書籍は学術的な知識に基づき、歯科医療の観点から、乳幼児の口腔育成を包括的に説明した内容となっております。同書は一般生活者を対象に出版された書籍ですので、むし歯の原因やフッ素、キシリトールの効能、卒乳期の注意、所謂6歳臼歯、母子感染などについて、わかりやすく解説しております。こういった情報を説明ツールとしてまとめ、妊娠中の女性やお子様のいる方に対して小児予防を重要性を解く事で、信頼されるかかりつけ医となることができます。

上記のように様々なリソースを集め、コンサルティングの構成を組み立て、パワーポイント等のスライド資料作成ソフトで纏めると、オリジナルの説明ツールが完成致します。

このように既存の研究や統計データを引用して、自医院の診療方針を解く説明ツールを作成する事で、大変説得力あるツールができあがります。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
既成品orオーダーメイド
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

説明ツールの作成方法とデータの出典に関してご紹介させて頂きましたが、世の中には患者さんに対する説明ツールとしてすぐに活用可能な資料をまとめた便利な製品も販売されております。こうした既成品は見栄えも整っており、作成する手間も省け画像や図表も組み込まれているため、初診コンサルティングだけでなく、インフォームドコンセント時などにも活用が可能です。

様々な利点のある既成品ですが、説明ツールとして開発された製品である以上、それ相応の価格で販売されています。また、販売対象がそれぞれ異なるため、各歯科医院の診療方針や主な患者層に合致し、細部まで網羅した製品を探し出す事は困難です。さらに既成品は内容が固定化されている場合が多く、情報の追加や更新などには不向きです。

一方、スライド作成ソフトなどを用い、院内で作成した説明ツールは手間こそかかるものの、拡張性及び柔軟性が非常に高いという利点があります。例えば、コンサルティング時に説明したい内容をピンポイントで伝えるデータを盛り込んだり、一度作成した説明ツールに新たな情報を加えたり、構成を変えること事で、より医院の診療方針や患者層に則したツールに改善することが可能です。

【ツールの比較】

手間  見た目 価格 柔軟性 拡張性
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
既成品      ◎    ◎   △   ×   ×
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
オーダーメイド  ×    ○ ◎   ◎   ◎
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オーダーメイド最大のデメリットである作成の手間ですが、リソースを作成者自らが収集し、構成を考え資料を纏める課程で知識向上にも寄与します。

作成も、一人のスタッフだけで行うのではなく、各スタッフが、それぞれの観点から情報を精査し構成を纏めることで、医院内の誰もがそれを用いて同様のレベルで説明を行う事ができる標準資料となります。

kangoshi_kaigi

参考文献
『被用者保険におけるデータ分析に基づく保健事業事例集』(-事例28)
平成25年9月 厚生労働省保険局保険課
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/hokenjigyou/dl/jirei28.pdf

『永久歯の抜歯原因調査報告書』
平成17年3月 財団法人8020推進財団
http://www.8020zaidan.or.jp/pdf/jigyo/bassi.pdf

『0歳からの口腔育成』
平成25年10月 朝田芳信 監修, 日本口腔育成学会 編

ポップアップ