2017.03.31

初診コンサルティングのツール③

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 説明ツール⇔教育ツール
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

初診コンサルティング中の説明時に使用する資料である為、 「説明ツール」という言葉でお話させて頂きましたが、説明ツールは正しい保健行動を促すための「患者教育ツール」という側面もあります。

患者さんより診療方針への同意を頂くための初診コンサルティングですが、より効果的な初診コンサルティングは患者さんご自身の口腔衛生に対する関心を高め、日々行うホームケアや生活習慣改善の動機を与えます。

歯科医院にご来院される患者さんの主訴はそれぞれ異なりますが、前回の配信にてご紹介させて頂いた行動変容のステージモデルに当てはめると、多くの場合、ご自身の口腔状態に異常や不安を感じている関心期にあたると考えられます。

そこで、関心期から準備期への意思決定を促す情報を説明ツールに盛り込んだ内容とすると、初診コンサルティングだけでなく、その後の保健指導時にも活用できる患者教育ツールとするができます。

例えば喫煙習慣の弊害やキシリトールの効能、フッ素の予防効果に関する内容を説明ツールに盛り込む事で、患者さんはご自身の口腔状態を健康に保つ具体的な方法(禁煙、キシリトールの摂取、フッ素入り歯磨き粉の使用等)について学ぶ事ができます。

それに合わせて、医院内でしか出来ないの歯石除去やPMTCなどのプロフェッショナルケアの必要性をご説明することで、患者さんの行動変容及び継続的な通院を促す事ができます。

medical_setsumei_nurse

参考文献

『被用者保険におけるデータ分析に基づく保健事業事例集』(-事例28)
平成25年9月 厚生労働省保険局保険課
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/hokenjigyou/dl/jirei28.pdf

『永久歯の抜歯原因調査報告書』
平成17年3月 財団法人8020推進財団
http://www.8020zaidan.or.jp/pdf/jigyo/bassi.pdf

『0歳からの口腔育成』
平成25年10月 朝田芳信 監修, 日本口腔育成学会 編

ポップアップ