2017.03.17

初診コンサルティングのツール①

前回、前々回と初診コンサルティングの目的と内容のポイントについてお伝えいたしました。今回は初診コンサルティング時に使用するツールについてお話させて頂きます。

患者さんの行動変容を促し、継続してご来院頂くためには患者さんに医院の診療方針への同意を頂くことが重要です。

前回もお話しいたしましたが、治療の先にある、より健康的な口腔状態を維持するという目標に対して患者さんと医院にて一緒に行動していくという方向性を確認する事が同意です。

同意を頂くために初診時に時間をとってコンサルティングを行うのですが、その際に使用できる効果的なツールの作り方をまとめましたので、定期管理型歯科医院の実践にお役立て頂けますと幸いです。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
説明ツールとは
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

初診コンサルティングにかぎらず、限られた時間内で何かを伝えるとき、参考としてお見せする資料があると説明が明確になり、聞き手の理解度も高まります。

定期管理プログラミングメールマガジンでは、ご自身の医院の主な患者層に合わせた、オリジナルの説明ツールを作成ることをご推奨いたします。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
説明の対象
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

初診コンサルティングは、初めて来院された患者さんに対して、行動変容の第一歩として、診療方針へのご同意を頂く為に行われるコンサルティングです。

その際、使用される説明ツールは、諸々の検査や診断を受ける前の患者さんに対して、ご説明する資料ですので、当然個別の患者さんの口腔状態に関する資料ではなく、大多数の一般生活者に対して当てはまる内容、又は年齢や性別等一定のグループに共通する内容である事が前提となります。

ここで重要となるのが、医院理念や地域といった医院の環境を考慮するということです。そういった要素を考慮せず一般的な資料だけをそのまま使用しても、現場とのギャップが生じてしまう事がしばしばございます。

例えば、住宅街に位置する医院や学校の近くにある医院、駅前に位置する医院では主な患者層が異なります。主婦層や子供、成人に対して同じ内容の説明をしても行動変容につながる動機付けにはなりくく、診療方法への同意も得にくいでしょう。

大事なことは外的環境と内的環境をきっちりと考え、医院の患者層に合致した内容で説明ツールを作成することです。

medical_seishinka_woman

参考文献
『被用者保険におけるデータ分析に基づく保健事業事例集』(-事例28)
平成25年9月 厚生労働省保険局保険課
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/hokenjigyou/dl/jirei28.pdf

『永久歯の抜歯原因調査報告書』
平成17年3月 財団法人8020推進財団
http://www.8020zaidan.or.jp/pdf/jigyo/bassi.pdf

『0歳からの口腔育成』
平成25年10月 朝田芳信 監修, 日本口腔育成学会 編

ポップアップ