2017.08.18

定期メンテナンスの継続率を高める予約の取り方 ⑦キャンセルをしにくい環境づくり

定期管理において大切なのは、患者さんに行動変容を起こさせて自ら歯科医院へ定期来院してもらうことです。
予約に関しても同じことが言えます。患者さんが予約をする時、自分のカレンダーの中でだけ時間を予約します。しかし、実際には、同じ時間の歯科衛生士とユニットの時間も予約しているのです。自分だけでなく、歯科医院の「人」と「空間」を予約しているんだという事に気づいてもらうと「キャンセルしてはいけない」「キャンセルの時は事前に」という意識に変わります。「個室化」して区切られた「空間」を整備することは継続率にも繋がります。予約を取りやすい環境を整備することも大切な事ですね。

hospital_uketsuke

参考資料
歯科増患増収ワンポイント  松本税理士事務所
診療効率化改善マニュアル  デンタル・マネジメントサポート
歯科増患.NET        株式会社ケーズ

ポップアップ