2018.01.12

新規スタッフの募集■広告の効果測定①職種別必要人員は?

まず、スタッフの採用を考える前に、診療理念、コンセプト等、自身や医院としての考え方をしっかり固めておくことが必要です。今までもお伝えしてきたように診療理念やどのような歯科医院を作りたいのかを明らかにすることにより、求めるスタッフ像がはっきりとします。
医院の広さや、ユニット台数でスタッフの人数を決めても、求める能力が明確になっていなければ無駄な採用となりかねません。
最初にどのようなスタッフが医院にとって必要かを考えることで無駄な採用をなくすことができます。

それでは早速、具体的な募集について検討してみましょう!

==============================================================
広告の効果測定
==============================================================

①職種別必要人員は?
このコラムをご覧頂いている方は定期管理型歯科医院を目指していると思います。その場合は当然のことながら歯科衛生士が必要になります。医院の規模に合わせて必要な歯科衛生士数を採用しましょう。
当然、歯科衛生士以外にもスタッフは必要です。受付、アシスタント・・・様々な職種がありますが、医院の規模に合わせて必要人数を考えましょう。
最近では歯科衛生士に本来業務に専念してもらうためにクリーンスタッフなどを採用し、手間のかかる準備や片付けなどを専門に行うスタッフを採用する医院も増えて来ています。シニア世代やシルバー人材など時代に合わせた雇用形態も今後必要になってくるでしょう。

job_shikaeiseijob_haisya_womanjob_jimu_woman

ポップアップ