メールマガジンバックナンバー

20100720

vol_12号『専従者給与』

======================================================================
■「デンタルネットワーク グループ21」メールマガジン vol_012号
『専従者給与』
======================================================================
「デンタルネットワーク グループ21」メールマガジン vol_012号を配信さ
せていただきました。今回お届けする情報は....
・歯科医院経営講座『専従者給与』
・トピックス『平成22年度診療科別平均点数公開−近畿厚生局の試み』
・メールマガジン バックナンバー&付録資料のご案内
・「デンタルネットワーク グループ21」勉強会
全国エリア別−8月/9月開催予定

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
━━◆12回『歯科医院経営講座』◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
第12回のテーマは『専従者給与』です
今回は、『専従者給与』についてお話しします。
専従者給与とは、簡単に言うと家族従業員に支払う給与のことです。
開業した際に、配偶者や親族(親兄弟)が歯科医院業務にで従事することがあ
ります。これらの家族従業員に対して支払われる給与は原則として必要経費に
はなりません。
しかし、一定の条件により経費扱いにすることができます。
ただし、青色申告者の事業専従者として給与の支払を受ける人や、白色申告者
の事業専従者である人は控除対象配偶者や扶養親族にはなれません。
専従者給与は申告の方法により、取り扱いが違ってきます。
(1)青色申告の場合
「青色事業専従者給与に関する届出書」を税務署長に提出することを条件に、
その届出書に記載されている金額の範囲内で支払われた給与の全額を経費に算
入することができる。
(2)白色申告の場合
事業専従者が事業主の配偶者であれば86万円、配偶者でなければ専従者一人に
つき50万円を上限として事業専従者控除として、実質的に経費扱いとする事が
できます。
現在、多くの歯科医院が青色申告を選択しています。特に、新規開業歯科医院
の場合には、ほぼ100%の歯科医院が青色申告を選択しています。ここでは、
青色事業専従者について簡単に説明します、
青色申告者の専従者給与が経費として認められるためには条件があります。
(1)青色事業専従者の条件
青色事業専従者とは次の要件のいずれにも該当する人をいいます。
1)青色申告者と生計を一にする配偶者その他の親族であること
2)その年の12月31日現在で年齢が15歳以上であること
3)その年を通じて6月を超える期間(一定の場合には、事業に従事することが
できる期間の1/2を超える期間)、その青色申告者の営む事業に専ら従事し
ていること
(2)「青色事業専従者給与に関する届出書」の提出
所轄の税務署長に届出書を提出していることが条件になります。
提出期限は、専従者給与を支払う年の3月15日まで。
年度の途中に事業を開始した場合には、事業開始から2ヶ月以内。
(3)届出書記載の金額・方法により支払われたものであること
(4)労務の対価として相当であると認められる金額であること。
1/5
100720_vol_012.txt
※過大であると判断される部分は経費として認められない。
■専従者給与のメリット
専従者給与は、経営者に様々なメリットがあります。
(1)所得税の節税効果
我が国の所得税が累進税率方式を採用しているため、所得が増加すると税率そ
のものが高くなっていきます。合法的な経費として家族従業者に専従者給与を
支払うことで、所得税の節税効果が見込めます。
(2)キャッシュフローの効果
専従者給与は経費と認められますが、経営者一家から外部に資金が流出しない
ため、実質的にはキャッシュフローとして捉えることも可能です。
次回は、「金融機関との交渉ポイント」についてお話します。
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
━◆トピックス『平成22年度診療科別平均点数公開−近畿厚生局の試み』◆━
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
新しい情報公開の流れになるのだろうか、近畿厚生局は7月1日、管轄保険医療
機関の診療科ごとの平均点数について、ホームページでの公開を開始した。
本省からの指示ではない近畿厚生局独自の取り組みため、全国に波及するもの
かどうかは不透明。
尚、20日現在、一覧表がホームページ上で確認できるのは、近畿厚生局指導監
査課(大阪府を管轄)と京都事務所分のみ。福井、滋賀、兵庫、奈良、和歌山
の各事務所分は「準備中」となっている。
また報道発表によると、近畿厚生局は大阪府内で今年度の集団的個別指導の対
象となった医療機関に対し、6月末に局長名で「平均点数を1日からホームペー
ジで掲載する案内のほか、対象医療機関から類型区分(診療科)や平均点数に
関する照会があれば、近畿厚生局指導監査課が個別に応じる」との通知したと
のことで、地方行政当局の新たな動きに注目が集まっている。
さて、下記には、ホームページで公開となった京都府と大阪府の診療科別ごと
の平均点数をお届けします。
※ 近畿厚生局のホームページに掲載されている資料のURLは、次の通り。
http://kouseikyoku.mhlw.go.jp/kinki/gyomu/gyomu/hoken_kikan/index.html
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■平成22年度京都府内の保険医療機関等の診療科別平均点数一覧表
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
[病院]
レセプト1件あたりの
平均点数
一般病院                   43,507
老人病院                   32,200
精神病院                   32,094
臨床研修指定病院・大学附属病院・特定機能病院 52,408
[医科診療所・歯科・薬局]
レセプト1件あたりの 院外処方を行っている
平均点数       医科・診療所の補正点数(※〕
内科(人工透析以外)  1,307         250
内科(人工透析有)  13,393        9,020
2/5
100720_vol_012.txt
精神・神経科     1,401         475
小児科         907          60
外科         1,500         462
整形外科       1,247         129
皮膚科         660         132
泌尿器科       2,278          0
産婦人科       1,139         221
眼科          673         173
耳鼻咽喉科       887         229
歯科         1,190          −
薬局         1,142          −
※院外処方を行っている医科・診療所の補正点数については、
院内処方と院外処方を行っている保険医療機関の平均点数の調整を行った点数。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■平成22年度大阪府内の保険医療機関等の診療科別平均点数一覧表
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
[病院]
レセプト1件あたりの
平均点数
一般病院                   41,652
老人病院                   45,823
精神病院                   34,553
臨床研修指定病院・大学附属病院・特定機能病院 51,652
[医科診療所・歯科・薬局]
レセプト1件あたりの 院外処方を行っている
平均点数       医科・診療所の補正点数(※〕
内科(人工透析以外)  1,352         195
内科(人工透析有)  11,691          0
精神・神経科     1,434         492
小児科        1,071         165
外科         1,361         205
整形外科       1,285         106
皮膚科         699         178
泌尿器科       2,877          0
産婦人科       1,155         162
眼科          668          8
耳鼻咽喉科       907         159
歯科         1,381          −
薬局         1,025          −
※院外処方を行っている医科・診療所の補正点数については、
院内処方と院外処方を行っている保険医療機関の平均点数の調整を行った点数。
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
━━◆メールマガジン バックナンバー&付録資料のご案内◆━━━━━━━━
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
メールマガジン本文バックナンバーと付録の資料がダウンロードできるように、
ヨシダホームページ内会員ページに「デンタルネットワーク グループ21」の
コーナーを設置しました。
https://www.yoshida-dental.co.jp/member/01/index.html
ご自身の登録ID(メールアドレス)とパスワードで会員ページにログインし、
3/5
100720_vol_012.txt
各号の付録資料等をダウンロードしてご利用ください。
尚、バックナンバー/付録資料の閲覧には、下記専用のパスワードが必要になり
ます。
+———————-+
専用パスワード : g21
+———————-+
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
━━◆「デンタルネットワーク グループ21」勉強会◆━━━━━━━━━━
全国エリア別−2010年8月/9月開催予定
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
「デンタルネットワーク グループ21」は、『開業後に強い歯科医院を作る
こと』をメインテーマに、各エリア4回コースにて定期開催しています ”開業
を目指す先生方の経営勉強会 ” です。
開業を成功に導くには、(1)安定した返済計画の立案、(2)開業後の増患対策、
(3)スタッフの戦力化、この3点が重要であるといわれています。エリア別に定
期開催しております勉強会では、融資・事業計画、スタッフ教育、建築内装に
関する問題など、強い歯科医院を築くための具体的なテーマを取り上げ、分か
りやすい解説・先輩開業医による体験談などを交えて楽しく進めてまいります。
奥様同伴で参加される先生方も多数いらっしゃいます。
お気軽にご参加ください。
「デンタルネットワーク グループ21」勉強会への参加お申し込みは、
弊社Webサイトから登録できます。
http://www.yoshida-dental.co.jp/01/01_g21.htm
———————————————————————-
[ 千葉県松戸エリア ]開催場所−松戸商工会館別館
———————————————————————-
2010年8月29日(日)10:00−17:00
『歯科界の現状と将来について』
┗ (株)ヨシダPMC 海保 史央
『成功する経営戦略をたてるために』〜ヨシダはリサーチでもお役立ち〜
┗ (株)ヨシダ東関東営業部CMC 後藤 弘康
『事業資金調達で成功する。ここがポイント!!』
┗ 日本コンサルティングブレーン(株) 開業支援室 課長 岡崎 敦史
『スタッフは医院経営のパートナー』
┗ (株)ヨシダPMC 小久保 弥生
『ホームページを活用して』
┗ (株)アクアビットスパイラルズ
———————————————————————-
[ 福岡エリア ]開催場所−(株)ヨシダ九州支店
———————————————————————-
2010年9月5日(日)13:00−17:30
『医院建築デザインとコスト』
┣ (株)ダリアート 代表取締役 社長 尾中 宣広
┗  (株)ダリアート チーフデザイナー 秋山 豊克
———————————————————————-
●お客様の個人情報については、お客様の開業に向けて支援となる情報等のご
提供のために使用させていただきます。
もし、お客様の個人情報のお取り扱いに関してお問い合わせ等がありました
ら、弊社事務局までお問い合わせください。
ご連絡先 mailto:secretary@yoshida-dental.co.jp
4/5
100720_vol_012.txt

●本メールマガジンの配信は、毎月20日を予定しております。
●「メールマガジン配信停止ご希望の先生へ]
title欄に「Re:送信停止希望」旨記載していただき本mailをご返信ください。
次回から本メールの配信は停止いたします。
●著作権は(株)ヨシダまたは情報提供者に帰属します。掲載記事を許可なく転
載することを禁じます。配信されたメールを第三者に転送したり、Webサイト
へアップするなど、メールの再配信はお断りします。
●各種情報の提供またはその遅滞、変更、中断、中止、停止もしくは廃止、
その他本メールに関連して発生したお客様または第三者の損害について、
一切の責任を負わないものとします。
●本メールアドレス宛に送信されたお問い合わせ内容についてのレスポンスは、
弊社営業日・時間、業務の都合で、ご希望に沿わない場合が考えられますの
で、予めご了承下さい。
Copyright(c) YOSHIDA Dental Trade Distribution Co.,Ltd. All Rights Reserved.
5/5

ポップアップ