メールマガジンバックナンバー

20101221

vol_17号『スタッフの募集方法』           

======================================================================
■「デンタルネットワーク グループ21」メールマガジン vol_017号
『スタッフの募集方法』
======================================================================
「デンタルネットワーク グループ21」メールマガジン vol_017号を配信さ
せていただきました。今回お届けする情報は....
・歯科医院経営講座『スタッフの募集方法』
・トピックス『『平成21年国民健康・栄養調査結果の概要』
「歯の健康に関する状況」
・メールマガジン バックナンバー&付録資料のご案内
・「デンタルネットワーク グループ21」勉強会
全国エリア別−2011年1月開催予定
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
━━◆17回『歯科医院経営講座』◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
第17回のテーマは『スタッフの募集方法』です。
前回お話しした、スタッフ採用準備が終わったら、募集に入ります。募集する
職種や職務経験の有無により募集の方法が違ってきます。
1.歯科衛生士
1)新卒
歯科衛生士学校に連絡を取り、各学校で定められた求人票を取り寄せてくださ
い。
求人票に記入したら、できれば学校の就職課などの担当窓口に持参してくださ
い。郵送の場合にも、送り状等を添付して送ってください。
学校によって、就職活動の開始時期が違っています。一般的に、大学附属や公
立の学校は就職活動開始時期が遅いようです。
歯科衛生士養成校の所在地等は、全国歯科衛生士教育協議会のホームページを
参考にしてください。
http://www.kokuhoken.or.jp/zen-eiky/files/list/index_list.htm
2)経験者(既卒者)
経験者を募集する場合には、いくつかの方法が有ります。
a)ハローワーク
募集の為の掲載は無料です。雇用助成金等の給付を受けようとする場合には、
ハローワークを通じての採用が条件となります。
b)歯科医師会、歯科衛生士会、大学同窓会の紹介所
地域によって、歯科医師会が歯科衛生士会と連携して無料職業紹介所を設置し
ている場合が有ります。当然のことですが、歯科医師会に加入していないと利
用はできません。
c)新聞広告、新聞折込広告
新聞広告は、新聞の求人欄等を利用する方法です。料金は比較的高く、効果も
あまり高く有りません。新聞折込広告は、地域を限定して広告を入れることが
できます。歯科医院所在地の近隣地域の方を採用したいと考えている場合には
有効な手段です。こちらも有料になります。
d)歯科衛生士雑誌の求人欄
現在、3誌発行されている歯科衛生士向けの専門誌の求人広告欄を利用する方法
も有ります。広告掲載は有料となります。地域限定での求人には向いていませ
ん。但し、志の高い歯科衛生士の採用を考えている場合には有効な手段賀茂し
れません。
1/6
101221_vol_017.txt
e)歯科衛生士求人業者
求人者(歯科医院)と求職者(歯科衛生士)が登録をしておき、お互いの希望
条件が合う方を相手側に紹介する方法が一般的です。
有料となります。大小様々な業者が参入しています。業者選定には十分な注意
が必要となります。
f)無料求人情報誌
駅やコンビニに置いてあるフリーペーパーといわれるものです。求人広告の掲
載は有料となります。アルバイトなどを募集する際には、有効な手段です。
g)ホームページ
開業前から歯科医院のホームページを立ち上げて、スタッフを募集をするのも
有効な方法です。最近は、ハローワークの求人票や各種の求人広告を見た後に、
その医院のホームページを確認している場合が多いようです。
3)歯科助手・受付
歯科衛生士の経験者を募集するときに使える方法の内、a)、c)、f)、g)を使う
ことが多いようです。
=================================================
募集のポイント(より良い人財を確保するために)
1.求人票の有効期限を設定する
2.求人窓口担当者とのコミュニケーション
=================================================
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
━◆トピックス
『平成21年国民健康・栄養調査結果の概要』「歯の健康に関する状況」◆━
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
厚生労働省はこの程、国民の健康の増進の総合的な推進を図るための基礎資料
として『平成21年国民健康・栄養調査結果の概要』をホームページ上に公開し
ました。今回はこの中ら、重点項目として取り上げられた「歯の健康に関する
状況」を抜粋してお届けいたします。
尚、本資料の全文は、下記URLからダウンロードが可能です。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000xtwq.html
====================
歯の健康に関する状況
====================
┏━━━━━━━━━━━━━┓
■1.歯の本数(20歯以上の割合)
┗━━━━━━━━━━━━━┛
自分の歯を20歯以上有する者の割合は、75歳〜84歳で26.8%であり、平成16年
に比べ3.8%多くなっている。
■1-1.自分の歯を20歯以上有する者の割合
(40歳以上)
平成16年  平成21年
—————————————
40歳代     91.9%    93.8%
50歳代     78.6%    80.9%
60歳代     61.7%    64.1%
70歳代     28.6%    29.6%
75−84歳(再掲) 23.0%    26.8%
2/6
101221_vol_017.txt
┏━━━━━━━━━━━┓
■2.進行した歯周炎の状況
┗━━━━━━━━━━━┛
進行した歯周炎を有する者の割合は、40歳代で22.8%、50歳代で32.6%であり、
平成16年に比べ40歳代で6.0%、50歳代で11.0%少なくなっている。
■2-1.自己申告における進行した歯周炎の状況があると回答した者の割合
(40歳以上)
平成16年  平成21年
—————————————
40歳代     28.8%    22.8%
50歳代     43.6%    32.6%
60歳代     40.7%    36.8%
70歳代     29.0%    25.7%
※「健康日本21」における『進行した歯周炎』は「歯周疾患の検査であるCPI
検査で4mm以上の深い歯周ポケットのあるもの」としている。
本報告では、『進行した歯周炎』を「歯ぐきが下がって歯の根が出る」「歯ぐ
きを押すと膿がでる」「歯がぐらぐらする」「歯周病(歯槽膿漏と言われ治療
している)」のいずれか一つ以上に該当すると回答(自己申告)した者の割合
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■3.過去1年間の専門家による支援と定期管理状況
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
過去1年間に歯石除徐、歯面清掃を受けた者の割合は、60歳代で45.8%であり、
平成16年に比べ1.3%多くなっている。
過去1年間に歯科健診を受けた者の割合は、60歳代で41.4%であり、平成16年
に比べ2.7%多くなっている。
■3-1.歯石除去、歯面清掃を受けたことがあると回答した者の割合
(40歳以上)
平成16年  平成21年
—————————————
40歳代     34.6%    37.2%
50歳代     38.9%    42.8%
60歳代     44.5%    45.8%
70歳代     31.2%    32.8%
■3-2.歯科健診を受けたことがあると回答した者の割合
(40歳以上)
平成16年  平成21年
—————————————
40歳代     32.0%    32.2%
50歳代     31.7%    35.9%
60歳代     38.7%    41.4%
70歳代     29.5%    31.0%
┏━━━━━━┓
■4.咀嚼の状況
┗━━━━━━┛
かんで食べる時の状態につういて、何でもかんで食べることができると回答し
た者の割合は、70歳以上で59.2%であり、平成16年に比べ4.8%増加している。
75歳以上で自分の歯を19本以下しか有していない者では、かんで食べることに
支障があると回答した者の割合が53.4%、食べる速さが遅いと回答した者が
30.9%であり、ともに20本以上有する者に比べ多くなっている。
3/6
101221_vol_017.txt
■4-1.何でもかんで食べることができると回答した者の割合(40歳以上)
平成16年  平成21年
—————————————
40歳代     85.2%    89.5%
50歳代     75.7%    78.2%
60歳代     71.3%    73.4%
70歳代     54.4%    59.2%
■4-2.歯の本数別 かんで食べる時の状態(75歳以上)
19本以下 20本以上
—————————————————–
かんで食べることに支障がある   53.4%   16.2%
何でもかんで食べることができる  46.6%   83.8%
■4-3.歯の本数別 食べる速さ(75歳以上)
19本以下 20本以上
——————————
遅い   30.9%   15.1%
ふつう  51.1%   55.8%
速い   18.0%   29.1%
┏━━━━━━━━━━━━━━┓
■5.子どものむし歯の予防の状況
┗━━━━━━━━━━━━━━┛
フッ化物歯面塗布を受けたことのある幼児の割合は、57.6%であり、平成16年
と比べ14.7%増加している。また、フッ化物配合歯磨剤を使用している学齢期
の子どもの割合は、86.3%であり、平成16年と比べ29.8%増加している。
一方、過去1年間に歯磨きの個人指導を受けた子どもの割合は、
6〜11歳で57.4%、12〜14歳で38.0%である。
■5-1.むし歯の予防のために行ったこと
(1〜14歳)
平成16年 平成21年
————————————————————-
<幼児期(1〜5歳)>
フッ化物歯面塗布を受けたことのある者  42.9%   57.6%
<学齢期(6〜14歳)>
フッ化物配合歯磨剤を使用している者   56.5%   86.3%
■5-2.過去1年間に歯磨きの個人指導を受けたと回答した子どもの割合
(1〜14歳)
平成16年 平成21年
————————————–
1〜 5歳  52.1%   55.9%
6〜11歳  57.8%   57.4%
12〜14歳  39.3%   38.0%
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
━━◆メールマガジン バックナンバー&付録資料のご案内◆━━━━━━━━
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
メールマガジン本文バックナンバーと付録の資料がダウンロードできるように、
ヨシダホームページ内会員ページに「デンタルネットワーク グループ21」の
コーナーを設置しました。
https://www.yoshida-dental.co.jp/member/01/index.html
4/6
101221_vol_017.txt
ご自身の登録ID(メールアドレス)とパスワードで会員ページにログインし、
各号の付録資料等をダウンロードしてご利用ください。
尚、バックナンバー/付録資料の閲覧には、下記専用のパスワードが必要になり
ます。
+———————-+
専用パスワード : g21
+———————-+
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
━━◆「デンタルネットワーク グループ21」勉強会◆━━━━━━━━━━
全国エリア別−2011年1月開催予定
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
「デンタルネットワーク グループ21」は、『開業後に強い歯科医院を作る
こと』をメインテーマに、各エリア1回・2回・4回・6回・8回コースにて定期開
催しています ”開業を目指す先生方の経営勉強会 ” です。
開業を成功に導くには、(1)安定した返済計画の立案、(2)開業後の増患対策、
(3)スタッフの戦力化、この3点が重要であるといわれています。エリア別に定
期開催しております勉強会では、融資・事業計画、スタッフ教育、建築内装に
関する問題など、強い歯科医院を築くための具体的なテーマを取り上げ、分か
りやすい解説・先輩開業医による体験談などを交えて楽しく進めてまいります。
奥様同伴で参加される先生方も多数いらっしゃいます。
お気軽にご参加ください。
「デンタルネットワーク グループ21」勉強会への参加お申し込みは、
弊社Webサイトから登録できます。
http://www.yoshida-dental.co.jp/01/01_g21.htm
———————————————————————-
[ 仙台エリア ]開催場所−(株)ヨシダ 仙台営業所
———————————————————————-
2011年1月16日(日)13:00−17:30
歯科医院の収益構造を知る−経営環境の変化が激しいこれからの時代に必要な
キャッシュフロー経営の考え方とは?−
┗ 森 宏一 村田陽三税理士事務所 税理士 経営学博士
開業前に知っておきたい!歯科医院経営を安定させる為のスタッフ管理
−スタッフは院長を支えてくれるか? 足をひっぱるか?−
┗ 鈴木 隆彦 鈴木労務管理事務所 所長
開業後のマーケティング
┗ 小寺 博光 シャープファイナンス(株) 仙台支店長
———————————————————————-
●お客様の個人情報については、お客様の開業に向けて支援となる情報等のご
提供のために使用させていただきます。
もし、お客様の個人情報のお取り扱いに関してお問い合わせ等がありました
ら、弊社事務局までお問い合わせください。
ご連絡先 mailto:secretary@yoshida-dental.co.jp

●本メールマガジンの配信は、毎月20日を予定しております。
●「メールマガジン配信停止ご希望の先生へ]
title欄に「Re:送信停止希望」旨記載していただき本mailをご返信ください。
次回から本メールの配信は停止いたします。
●著作権は(株)ヨシダまたは情報提供者に帰属します。掲載記事を許可なく転
載することを禁じます。配信されたメールを第三者に転送したり、Webサイト
へアップするなど、メールの再配信はお断りします。
5/6
101221_vol_017.txt
●各種情報の提供またはその遅滞、変更、中断、中止、停止もしくは廃止、
その他本メールに関連して発生したお客様または第三者の損害について、
一切の責任を負わないものとします。
●本メールアドレス宛に送信されたお問い合わせ内容についてのレスポンスは、
弊社営業日・時間、業務の都合で、ご希望に沿わない場合が考えられますの
で、予めご了承下さい。
Copyright(c) YOSHIDA Dental Trade Distribution Co.,Ltd. All Rights Reserved.

ポップアップ