メールマガジンバックナンバー

20120623

vol_34号『親子間承継の失敗事例_1』

======================================================================
「デンタルネットワーク グループ21」メールマガジン vol_034号
『親子間承継の失敗事例_1』
======================================================================
今回お届けする情報は....
◆歯科医院経営講座『親子間承継の失敗事例_1』
◆メールマガジン バックナンバー&付録資料のご案内
◆「デンタルネットワーク グループ21」勉強会
全国エリア別−2012年7月開催予定
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
━◆34回『歯科医院経営講座』◆━
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
第34回のテーマは『親子間承継の失敗事例_1』です
今回は、親子間承継の失敗事例をお話しします。
———————————————————————-
【ケース1】業績悪化の原因を冷静に分析しなかったことによる失敗。
———————————————————————-
父親は、35年前に地方都市の中心街で歯科医院を開業しました。当時は患者数
も多く、医院経営も順調に推移してきました。その後、近隣に歯科医院も増え
ましたが、業績が悪化することはありませんでした。いずれは、息子にこの歯
科医院を継いで欲しいと考えていました。
7年前、息子は歯科大学を卒業し、大都市に勤務していました。最新の設備が
揃った環境で診療を行い、勤務先の院長から先端の歯科医療について日々指導
を受けていました。帰郷の度に、息子は父親に勤務先の歯科医院の設備の素晴
らしさや新しい歯科医療技術について自慢げに話して来ました。
一方、父親は、息子が帰郷の度に「歯科医院を継いで欲しい」と話しをしてい
ました。
しかし、息子は現在の勤務医を当分の間、続けるつもりだと答えたのでした。
2年前、父親は医院の全面改装と設備の更新を決意しました。それは、最新の
設備を揃えた歯科医院にリニューアルすることで息子に返ってきて欲しかった
からです。加えて、ここ5年ほど業績が悪化してきていたことの原因は、設備
が古く患者離れが起きているからだと考えたからです。
息子も、父親の決意を聞いて帰ってくる気になりました。
父親は、それまでの取引先銀行から約6千万円の借入により医院を全面リニュ
ーアルし、息子と二人で診療を始めました。
しかし、業績は回復しませんでした。膨らんだ借入金返済が資金繰りを益々悪
化させました。ついには、経営破綻の機器に直面してしまったのです。
このケースは、なぜ業績悪化しているのかを分析できていなかったことが最大
の問題点でした。父親の歯科医院の業績が悪化したのは、設備が古いことも一
因ではあったのでしょう。しかし、最大の原因は、街の変化でした。この歯科
医院は、街の中心的な商店街の中にあったこのですが、数年前に郊外に大型シ
ョッピングセンターが開業したことで人人の流れが大きく変わってしまいまし
た。歯科医院の周辺を見ると、かつて賑わっていた商店街はシャッター通りに
変わっていたのです。
■POINT
たとえ、親子間継承でも綿密な市場調査を行うことは必要
■その後
顧問税理士、取引銀行、コンサルタント、メーカー、ディーラーを含めて改善
策の検討が行われました。
120623_vol_034.txt | 1/5
その結果、歯科医院の移転という結論に達しました。現有診療所の不動産売却、
大型ショッピングセンター近隣のテナントへの入居、現有診療機器の移動、借
入の一本化と長期化などの方策がとられ、現在は順調に医院経営が行われてい
ます。
———————————————————————-
【ケース2】安易な承継
———————————————————————-
父親は、40年ほど前に地方都市で開業しました。地域に密着した診療を心がけ、
家族区ぐるみで受診する患者も多いなど、地域住民からの信頼を得ていました。
当然、患者数も安定しており、業績も順調でした。
院長の長男は、7年ほど前に父親の歯科医院を継ぐことなく別の地域で開業して
いました。次男は、10年ほど前に歯科大学を卒業し、都市部の歯科医院で勤務
していました。
2年前、父親は病気により、1ヶ月ほど入院することになりました。その間の診
療を次男に任せることを考えましたが、次男はこれをことわりました。結局、
1ヶ月ほど休診をしたあと、父親が復帰し診療を継続していました。しかし、
父親の体調は以前の状態にはなかばか戻らず、しばしば臨時休診となることが
ありました。地域医療への貢献を第一と考えていた院長は、次男を説得し歯科
医院を継がせる決心をしました。また、院内での対立を避けるために、自信は
リタイアすることにしました。
次男もこの状況では仕方ないと考え、歯科医院を継ぐことにしました。
次男が承継した後も暫くの間は、父親時代と変わることのない業績で推移して
いましたが、次第に患者数が減少し、業績が低下していきました。しかし、
息子はこうした状況が経済不況や地域住民のデンタルIQの低さが原因だとし
て、何らの改善策も打ちませんでした。
こうした考えは、患者さんと接しているときの態度にも現れてしまっていたよ
うです。
患者離れは急激に進み、ついには、患者数は父親時代の1/5にまで減少し、医
院経営は危機的な状況に陥りました。
このケースは、歯科医院を継承した次男が経営者としての自覚を持っていなか
ったことが最大の原因でした。父親の診療所を引き継ぐことで、極めてローコ
ストでの開業であり、多少患者数が減少しても経営は成り立っていたことに加
え、経営者としては最も注意しなければいけない「業績結果を他責とする」陥
穽にはまったといえます。
結果を「他責」としている限り、何らの解決策も見いだすことができないとい
うのは、どの業種でも共通することです。
■POINT
経営者としての自覚が無ければ、ローコストの開業でも失敗する。
■その後
次男は、父親と顧問税理士を交え医院の業績状況や資金繰り状況を話し合い、
危機的な状況であることを改めて認識しました。同時に、医院運営に関して長
年の経験を持つ父親に、アドバイスを求めるようにしました。父親が心がけて
きた、地域に密着した診療を理解し、実践することができるようになり、業績
も回復しました。
後日、次男から「あの当時は、親の歯科医院を継いでやった、という気持ちが
あった。上手くいかないのは、自分の責任ではないという思いが強かった。今
振り返れば、そんな考えで歯科医院経営などできる訳がない。いまは、歯科治
療に関しても、経営に関しても真剣に取り組み、地域に歯科医療を提供し続け
ることが、歯科医師として自分の使命だと思っています。」という言葉が聞け
ました。
120623_vol_034.txt | 2/5
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
━◆メールマガジン バックナンバー&付録資料のご案内◆━
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
メールマガジン本文バックナンバーと付録の資料がダウンロードできるように、
ヨシダホームページ内会員ページに「デンタルネットワーク グループ21」の
コーナーを設置しました。
https://www.yoshida-dental.co.jp/member/01/index.html
ご自身の登録ID(メールアドレス)とパスワードで会員ページにログインし、
各号の付録資料等をダウンロードしてご利用ください。
尚、バックナンバー/付録資料の閲覧には、下記専用のパスワードが必要になり
ます。
+———————-+
専用パスワード : g21
+———————-+
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
━◆「デンタルネットワーク グループ21」勉強会◆━
全国エリア別−2012年7月開催予定
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
「デンタルネットワーク グループ21」は、『開業後に強い歯科医院を作る
こと』をメインテーマに、各エリア1回・2回・4回・6回・8回コースにて定期開
催しています ”開業を目指す先生方の経営勉強会 ” です。
開業を成功に導くには、(1)安定した返済計画の立案、(2)開業後の増患対策、
(3)スタッフの戦力化、この3点が重要であるといわれています。エリア別に定
期開催しております勉強会では、融資・事業計画、スタッフ教育、建築内装に
関する問題など、強い歯科医院を築くための具体的なテーマを取り上げ、分か
りやすい解説・先輩開業医による体験談などを交えて楽しく進めてまいります。
奥様同伴で参加される先生方も多数いらっしゃいます。
お気軽にご参加ください。
「デンタルネットワーク グループ21」勉強会への参加お申し込みは、
弊社Webサイトから登録できます。
http://www.yoshida-dental.co.jp/expert/01/01_g21.htm
———————————————————————-
[ 仙台エリア ]開催場所−(株)ヨシダ 東北支店
———————————————————————-
2012年7月16日(日)10:00−17:20
「親子間継承、居抜き開業の注意点」
┗ 小島 龍哉 (株)ヨシダ PMC チーフコンサルタント
東京医科歯科大学 非常勤講師
「一歩先の歯科医院作り」
┗ 森 宏一 村田陽三税理士事務所 経営学博士
「開業に当たっての有効な広告宣伝」
┗ 松浦 月子 (株)マツウラ
「ヨシダの開業支援」
┗ 藤原 忠幸 (株)ヨシダ 東北支店
———————————————————————-
[ 東京エリア ]開催場所−汐留シティセンター10F
———————————————————————-
2012年7月8日(日)10:00−16:00
開業後に強い歯科医院を作ること
┗(株)ジャパンデンタル 取締役営業部長
120623_vol_034.txt | 3/5
(1)安定した返済計画の立案
(2)開業後の増患対策
(3)スタッフの戦力化
———————————————————————-
[ 大阪エリア ]開催場所−(株)ヨシダ 大阪支店
———————————————————————-
2012年7月8日(日)10:00−12:00
歯科医院の成長が医院の継承を可能にする
−医院の継承とハッピーリタイア−
┗ 角田 祥子 (株)ネクサスパートナーズ 代表取締役
———————————————————————-
[ 広島エリア ]開催場所−(株)玉井歯科商店 広島店
———————————————————————-
2012年7月22日(日)13:00−17:00
ヨシダの開業支援 開業マーケットリサーチから内覧会まで
┗ 森下 慎二 (株)ヨシダ 中四国支店CMC
歯科医院経営におけるホームページの必要性
┗ 伊藤 悟史 エンパワーヘルスケア(株)
資金調達のポイント
┗ (株)ジャパンデンタル
———————————————————————-
[ 福岡エリア ]開催場所−(株)ヨシダ 九州支店
———————————————————————-
2012年7月1日(日)10:00−17:00
医院開業・経営のポイントを詳しく優しく解説します!
┗ 小島 龍哉 (株)ヨシダPMC チーフコンサルタント
東京医科歯科大学非常勤講師
スタッフは経営のパートナー
┗ 西田 弥生 (株)ヨシダPMC部
スタッフ研修インストラクター
———————————————————————-
●お客様の個人情報については、お客様の開業に向けて支援となる情報等のご
提供のために使用させていただきます。
もし、お客様の個人情報のお取り扱いに関してお問い合わせ等がありました
ら、弊社事務局までお問い合わせください。
ご連絡先 mailto:secretary@yoshida-dental.co.jp

●本メールマガジンの配信は、毎月20日を予定しております。
●「メールマガジン配信停止ご希望の先生へ]
title欄に「Re:送信停止希望」旨記載していただき本mailをご返信ください。
次回から本メールの配信は停止いたします。
●著作権は(株)ヨシダまたは情報提供者に帰属します。掲載記事を許可なく転
載することを禁じます。配信されたメールを第三者に転送したり、Webサイト
へアップするなど、メールの再配信はお断りします。
●各種情報の提供またはその遅滞、変更、中断、中止、停止もしくは廃止、
その他本メールに関連して発生したお客様または第三者の損害について、
一切の責任を負わないものとします。
120623_vol_034.txt | 4/5
●本メールアドレス宛に送信されたお問い合わせ内容についてのレスポンスは、
弊社営業日・時間、業務の都合で、ご希望に沿わない場合が考えられますの
で、予めご了承下さい。
Copyright(c) YOSHIDA Dental Trade Distribution Co.,Ltd. All Rights Reserved.

ポップアップ