メールマガジンバックナンバー

20120723

vol_35号『親子間承継の失敗事例_2』

======================================================================
「デンタルネットワーク グループ21」メールマガジン vol_035号
『親子間承継の失敗事例_2』
======================================================================
今回お届けする情報は....
◆歯科医院経営講座『親子間承継の失敗事例_2』
◆トピックス『歯間部清掃用器具の使用状況(性・年齢階級別)』
◆メールマガジン バックナンバー&付録資料のご案内
◆「デンタルネットワーク グループ21」勉強会
全国エリア別−2012年8月開催予定
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
━◆35回『歯科医院経営講座』◆━
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
第35回のテーマは『親子間承継の失敗事例_2』です
今回は、前回から引き続き親子間承継の失敗事例をお話しします。
———————————————————————-
【ケース3】診療方針の対立による失敗
———————————————————————-
父親は37年前に郊外の住宅地で歯科医院を開業しました。患者数も多く、経営
状態は順調でした。補綴治療には自信を持っており、患者さんからも信頼され
る歯科医院でした。
6年前からは、メインテナンスにも力を入れてきました。幸いにも、雇用した
歯科衛生士は仕事熱心であり、患者さんからも人気があり、メインテナンスを
目的とする患者さんも増加していました。
息子は、8年前に歯科大学を卒業し都内の歯科医院に勤務していました。歯周
治療を専門としたいと考え、研鑽を積んでいました。歯科大学に入学した時点
から、将来は父親の歯科医院を継承すると決めていましたし、父親もそのよう
に考えていました。
2年前、息子は父親の歯科医院に戻り、父親と一緒に診療を行うようになりまし
た。その直後から親子間の対立が始まってしまいました。はじめは、使用する
器具の違いなどの些細なことでした。そのうちに、患者さんへの対応の仕方や、
お互いの治療内容に対しても衝突するようになっていきました。ついには、診
療方針や医院の経営方針についての意見対立が表面化していきました。これが、
スタッフや患者さんの居ない場で行われるのであれば、真剣な意見交換という
ことなのでしょうが、診療時間中に行われてしまうようになってしまいました。
もはや、意見の対立ではなく、親子喧嘩の様相を呈していたのです。
こうした状況に、受付スタッフやアシスタントが嫌気を刺し次々と退職してい
きました。同時に、患者数は徐々に減少していきます。
そんなある日、あの歯科衛生士が退職を申し出てきました。父親も息子も説得
を試みましたが、彼女の意志は堅く翻意させることはできませんでした。彼女
が退職すると、患者数は急激に減少していきました。
補充のスタッフを採用したものの、なかなか定着しませんでした。患者数も回
復せず、経営も危機的な状況に近づいていったのです。
このケースは、親子で一緒に診療を行う前に話し合いが不足していたことが最
大の原因でした。お互いの診療に対する思いや考え方を話し合う機会を持たな
かったために、お互いの違いを認め合うことができなくなってしまい、対立が
深刻化していったのです。
父親には歯科医院を発展させ維持してきたという自負があり、息子には得意分
野を活かし歯科医院を更に発展させたいという思いがありました。お互いの思
いが融合できれば、一層の発展が可能であったのです。
120723_vol_035.txt | 1/6
■POINT
お互いの思いや考えの違いを事前に認識したうえで、新たな方向性を共有する
ことが重要
■その後
こうした状況を見かねたディーラーの担当者が紹介したメーカーのコンサルタ
ントを交えて親子の話し合いが何回も行われました。お互いの思いや考えをぶ
つけ合うことから始まり相違点と共通点を整理し、歯科医院の方向性を改めて
作り上げることができました。
コンサルタントからのアドバイスで、親子だけでのミーティングを定期的に行
うようにした結果、診療室内での親子喧嘩は無くなり、院内の雰囲気も明るく
なりました。退職した歯科衛生士も説得して復職して貰いました。現在は、お
互いの得意分野を活かし、患者さんの笑顔がたくさん見られる歯科医院に戻る
ことができました。
———————————————————————-
【ケース4】金銭管理方法を決めていなかったことによる失敗
———————————————————————-
父親は、42年前に地方都市で開業しました。高齢のため、息子に歯科医院を継
がせたいと考えていました。診療所件自宅の建物は、老朽化が進んでいました
が、まだ建て替える必要は無いと考えていました。
息子は、10年前に歯科大学を卒業し、都内の医療法人に勤務し、当時は分院の
院長を務めていました。父親から、戻って来て欲しいとの要請に対して、父親
が高齢なこともあり承諾しました。
父親は、医院のシステムを大きく変える考えはありませんでした。そのため、
当面の間、歯科医院の開設管理者や事業主を継続することにしていました。
もちろん、体調が許す限り歯科医院に出て診療を行うつもりでした。
息子は、歯科衛生士である妻と二人で父親の歯科医院で働き始めました。しか
し、直ぐに歯科医院施のレイアウトに問題点があることに気づきました。レン
トゲン室の位置が悪く、患者さんの導線とスタッフの導線が重なってしまう。
消毒滅菌のスペースが極端に狭く動きづらい等々です。何よりも気になったの
が、床下の配管が痛んでいるためなのか、診療室に異臭がしていたことです。
建て替えの提案をしましたが、父親はまだ大丈夫だといって聞きません。こう
した対立が起きてから、父親はあまり歯科医院に出てこなくなりました。
実質的に、息子夫婦が歯科医院を運営するようになっていきました。
しかし、ここで決定的な問題が発生しました。歯科医院の銀行口座管理も帳簿
管理も全て母親が行っていたため、息子夫婦には歯科医院の経営状況や資金状
況が全く把握できないという状態でした。自分たちが働いて、利益がでている
のかどうかすら判らないという状態です。
ついに、息子の妻と舅+姑との間で大戦争が始まってしまいました。対立が表
面化してから3ヶ月、突然、父親が行方をくらましてしまいます。こうなると、
手続きは何もできない状態です。廃院手続きも個人事業の廃止もできません。
それでも、母親は銀行口座も帳簿も渡すことはありませんでした。
■POINT
金銭管理方法を明確に決めておく。資産・資金・負債の状況を共有化しておく。
■その後
父親が都内の知人宅に居ることが判明。第三者であるコンサルタント同席のも
と、親夫婦と息子夫婦との間で話し合いがスタートしました。お互いの不満点
を明確にしていく作業でした。更に、顧問税理士、取引銀行も交えて今後の方
策についての話し合いが1年近く続きました。
話し合いの結果、父親名義の歯科医院は廃院し、個人事業も廃止することとし、
銀行口座を息子夫婦に公開し、帳簿類も全て引き渡しました。
息子は、これまでの歯科医院の敷地に歯科医院を建て替え、開設管理者と個人
事業主となることになりました。
120723_vol_035.txt | 2/6
この、建て替えの際に診療室内に個室を一つ作り、父親の為の診療室としまし
た。
父親が行方不明となっていた時期に、父親の歯科医院に古くから通ってきてい
た患者さんの中には、父親に見て貰いたいという患者さんが居ることを知った
からでした。
現在は、息子夫婦が主となり、地域住民から指示される歯科医院になっていま
す。
今回は、ここまでです。
いずれの歯科医院も決定的な破綻に至る前に、何とか持ち直すことができまし
た。しかし、事前準備をしっかりと行っていれば、危機的な状況に陥らずに済
んだはずです。親子間継承を検討されている方は、前回の内容と今回の内容を
参考としていただければ幸いです。
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
━◆トピックス『歯間部清掃用器具の使用状況(性・年齢階級別)』◆━
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
今回のトピックスは、先月厚生労働省より公表された平成22年の「国民健康・
栄養調査報告」の中から、歯間部清掃用器具の使用状況(性・年齢階級別)の
データをピックアップしてお届けします。
尚、平成22年「国民健康・栄養調査報告」の全文は下記URLからダウンロード
できます。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/eiyou/h22-houkoku.html
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■歯間部清掃用器具の使用状況(性・年齢階級別)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
歯間部清掃用器具それぞれについて、使用していると答えた方の年齢別比率は、
下記の通り。
(1)歯ブラシを使用している
(2)歯間ブラシを使用している
(3)舌ブラシを使用している
(4)デンタルフロス・糸(付)ようじを使用している
(5)使用していない
【男女】単位:%
(1)   (2)   (3)   (4)   (5)
__________________________________________________
全体   96.0  20.3   4.5  12.5  3.2
20-29歳  98.9   5.2   4.2   9.6  1.0
30-39歳  98.6  12.4   4.0  20.6  0.8
40-49歳  99.0  18.4   4.8  21.3  0.8
50-59歳  98.4  25.8   4.9  16.4  0.7
60-69歳  95.8  28.8   5.8   8.5  3.1
70歳以上 89.4  20.7   3.2   3.7  9.4
__________________________________________________
【男】単位:%
(1)   (2)   (3)   (4)   (5)
__________________________________________________
全体   95.0  15.5  3.5   8.5   4.1
20-29歳  98.6   3.7  3.7   5.4   1.1
30-39歳  97.9  10.5  3.6  13.2   1.4
120723_vol_035.txt | 3/6
40-49歳  98.8  12.0  4.1  14.0   0.7
50-59歳  97.7  18.6  3.6  11.6   1.0
60-69歳  93.3  22.7  3.5   6.1   5.4
70歳以上 88.3  17.1  2.7   2.8  10.7
__________________________________________________
【女】単位:%
(1)   (2)   (3)   (4)   (5)
__________________________________________________
全体   96.8  24.4   5.4  16.0   2.5
20-29歳  99.2   6.6   4.8  13.6   0.8
30-39歳  99.2  14.2   4.4  27.3   0.3
40-49歳  99.2  24.3   5.5  28.0   0.8
50-59歳  99.1  32.2   6.0  20.6   0.4
60-69歳  98.0  34.3   7.8  10.7   1.1
70歳以上 90.3  23.4   3.6   4.3   8.3
__________________________________________________
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
━◆メールマガジン バックナンバー&付録資料のご案内◆━
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
メールマガジン本文バックナンバーと付録の資料がダウンロードできるように、
ヨシダホームページ内会員ページに「デンタルネットワーク グループ21」の
コーナーを設置しました。
https://www.yoshida-dental.co.jp/member/01/index.html
ご自身の登録ID(メールアドレス)とパスワードで会員ページにログインし、
各号の付録資料等をダウンロードしてご利用ください。
尚、バックナンバー/付録資料の閲覧には、下記専用のパスワードが必要になり
ます。
+———————-+
専用パスワード : g21
+———————-+
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
━◆「デンタルネットワーク グループ21」勉強会◆━
全国エリア別−2012年8月開催予定
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
「デンタルネットワーク グループ21」は、『開業後に強い歯科医院を作る
こと』をメインテーマに、各エリア1回・2回・4回・6回・8回コースにて定期開
催しています ”開業を目指す先生方の経営勉強会 ” です。
開業を成功に導くには、(1)安定した返済計画の立案、(2)開業後の増患対策、
(3)スタッフの戦力化、この3点が重要であるといわれています。エリア別に定
期開催しております勉強会では、融資・事業計画、スタッフ教育、建築内装に
関する問題など、強い歯科医院を築くための具体的なテーマを取り上げ、分か
りやすい解説・先輩開業医による体験談などを交えて楽しく進めてまいります。
奥様同伴で参加される先生方も多数いらっしゃいます。
お気軽にご参加ください。
「デンタルネットワーク グループ21」勉強会への参加お申し込みは、
弊社Webサイトから登録できます。
http://www.yoshida-dental.co.jp/expert/01/01_g21.htm
———————————————————————-
120723_vol_035.txt | 4/6
[ 秋田エリア ]開催場所−秋田市民交流プラザ
———————————————————————-
2012年8月26日(日)10:00−16:00
賢いお金の借り方と事業計画
資金調達のポイントを融資に必要な事業計画書
┗上田 進 (株)ジャパンデンタル
開業に当たっての有効な広告宣伝
宣伝・ホームページの重要性
┗松浦 月子 (株)マツウラ
ヨシダの開業支援
将来の「開業」のために、今できること
┗藤原 忠幸 (株)ヨシダ 東北支店
———————————————————————-
[ 仙台エリア ]開催場所−(株)ヨシダ 東北支店
———————————————————————-
2012年8月5日(日)13:00−16:00
特別企画 就職相談会/『新規開業セミナー』
┗佐藤 弘樹 先生
———————————————————————-
[ 東京エリア ]開催場所−(株)ヨシダ 東京支店
———————————————————————-
2012年8月19日(日)13:00−17:00
ブランド歯科医院を作る!−環境を守る予防治療「ISO14001」−
┗牧野 泰千 先生 スマイルケア西八王子デンタルクリニック 院長
(東京都八王子市 開業)
生涯設計・損保
┣大谷 浩士 第一生命保険(株) ファイナンシャルプランナー
┗八木 慎一郎 (株)損保ジャパン
———————————————————————-
[ 福岡エリア ]開催場所−(株)ヨシダ 九州支店
———————————————————————-
2012年8月5日(日)13:00−17:00
継続通院したくなる歯科医院のスタッフ育成計画(育成編)
−ひとに愛される、愛すべきスタッフの育成ポイント−
┗岩崎 小百合 先生   兵庫県加古川市 いわさき歯科医院 歯科衛生士
———————————————————————-
●お客様の個人情報については、お客様の開業に向けて支援となる情報等のご
提供のために使用させていただきます。
もし、お客様の個人情報のお取り扱いに関してお問い合わせ等がありました
ら、弊社事務局までお問い合わせください。
ご連絡先 mailto:secretary@yoshida-dental.co.jp

●本メールマガジンの配信は、毎月20日を予定しております。
●「メールマガジン配信停止ご希望の先生へ]
title欄に「Re:送信停止希望」旨記載していただき本mailをご返信ください。
次回から本メールの配信は停止いたします。
●著作権は(株)ヨシダまたは情報提供者に帰属します。掲載記事を許可なく転
載することを禁じます。配信されたメールを第三者に転送したり、Webサイト
へアップするなど、メールの再配信はお断りします。
120723_vol_035.txt | 5/6
●各種情報の提供またはその遅滞、変更、中断、中止、停止もしくは廃止、
その他本メールに関連して発生したお客様または第三者の損害について、
一切の責任を負わないものとします。
●本メールアドレス宛に送信されたお問い合わせ内容についてのレスポンスは、
弊社営業日・時間、業務の都合で、ご希望に沿わない場合が考えられますの
で、予めご了承下さい。
Copyright(c) YOSHIDA Dental Trade Distribution Co.,Ltd. All Rights Reserved.

ポップアップ