メールマガジンバックナンバー

20130723

vol_48号『歯科医院の中で気になるしぐさ』

======================================================================
「デンタルネットワーク グループ21」メールマガジン vol_048号
『歯科医院の中で気になるしぐさ』
======================================================================
今回お届けする情報は....
◆歯科医院経営講座『歯科医院の中で気になるしぐさ』
◆トピックス『電子レセプト請求普及状況』
◆メールマガジン バックナンバー&付録資料のご案内
◆「デンタルネットワーク グループ21」勉強会
全国エリア別−2013年8月開催予定
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
┃歯科医院経営講座┃
━◆歯科医院の中で気になる言葉遣い◆━
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
第48回のテーマは『歯科医院の中で気になるしぐさ』です
46号で、「歯科医院の中で気になる言葉遣い」についてお話しました。今回
は、気になるしぐさや行動です。患者さんは、スタッフや院長の仕草や行動も
見ています。
時には、ちょっとした行動が患者さんを不愉快にさせてしまうこともあります。
———————————–
1.手の使い方
———————————–
患者さんが、診察券や健康保健所を受付カウンターの上にポンと置かれたとし
ます。
そんな時、どうしますか?
受付の方が、カウンターの上を片手でズリズリと引き寄せる光景を見ることが
あります。
患者さんの中には、診察券や健康保険証に自分自身を投影し、「私も診療室の
中で、こんな扱いを受けるのね」と連想する方もいらっしゃいます。
たとえ患者さんがカウンターの上に無造作に置いても、両手で持ち上げてお預
かりするのが原則でしょう。
———————————–
2.指の使いかた
———————————–
方向を指し示す特に指を使っている方がいらっしゃいます。これを言葉に直す
と「あっち」
「こっち」という表現になります。
方向を指し示すときには、手のひらで表現すると丁寧に感じます。言葉に直す
と「あちら」「こちら」という表現になります。
このときに注意することは、指を揃えることです。指が開いていると、かえっ
てだらしない印象になります。
———————————–
3.手を後ろで組む
———————————–
患者さんと話をしているときに、手を後ろで組んでいる方を見かけます。
印象は良くありません。
「ふてぶてしい」「横柄だ」という印象を持たれてしまいます。
無意識の行動なのかもしれません。癖になっているのかもしれません。意識し
て、直しておいた方が良いでしょう。
———————————–
4.変な姿勢
130723_vol_048.txt | 1/6
———————————–
スタッフの方の姿勢から悪い印象を与えてしまっている場合があります。
1) 背中を丸めている
年老いたイメージを与え、無気力な印象を与えます。
2) 顎を出している(上げている)
だらしない印象や人を見下している印象を与えます。
3) 片方の肩だけが極端に下がっている
反抗的で怒りっぽい印象を与えてしまいます。
4) 首を曲げて、視線が斜め下に向いている
自信がなく消極的な印象を与えます。
5) 肩をすぼめている
弱々しく頼りない印象を与えます。
———————————–
5.足音を立てて歩く
———————————–
患者さんは診療中、目をつむっていたりドレープで顔を覆われていたりしてい
るため聴覚が敏感になります。
大きな足音、引きずるような足音、大きな足音は気になります。
診療室の中での歩き方も注意する必要があります。
しかし、スタッフの履いているシューズが足音の原因である場合もあります。
サンダルタイプのシューズは、パタパタという足音や引きずるような足音が出
やすいといわれています。
———————————–
6.マスクを外さない
———————————–
患者さんと会話をするときに、マスクをしたままという方を見かけます。
患者さんからすると、スタッフやDRの表情が判らないために、不安を感じてし
まいます。
声が通りにくくなるために、患者さんに説明内容が伝わりにくくなります。
また、マスクをずらして顎にかけた状態で説明している光景も見かけます。
何となく、いい加減な印象を与えてしまいます。
———————————–
7.グローブを外さないで電話に出る
———————————–
忙しいのは判りますが、受話器を取るときにはグローブは外してもらいたいで
すね。
こんな光景を見た患者さんは、「その手で私の口の中をさわるの?」と不安に
なります。
患者さんは、歯科医院の中では、いろいろなところを観察しています。もちろ
ん、スタッフや院長も観察しています。無意識の行動や癖が、患者さんを不快
にさせたり、不安にさせたりしてしまいます。
患者さんの視線を意識して行動する習慣を身につけておくことが重要になりま
す。
今回は、ここまでです。
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
━◆トピックス『電子レセプト請求普及状況』◆━
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
政府は、先ごろ『世界最先端IT国家創造』宣言を閣議決定し、成長戦略の柱に
「IT戦略」を位置づけました。
そして、IT化が目指す社会の姿として、(1)革新的な新産業・新サービスの
創出及び全産業の成長を促進する社会、(2)健康で安心して快適に生活でき
130723_vol_048.txt | 2/6
る、世界一安全で災害に強い社会、(3)公共サービスがワンストップで誰で
もどこでもいつでも受けられる社会 以上3つがあげられています。
医療関連の柱は、(1)医療情報の連携ネットワークにおいて、データ・シス
テム仕様の標準化等を検討し、2018年までに全国に普及・展開すること。
(2)レセプト情報等、保険者や行政及び企業が持つ情報を活用し、予防医療
や疾病の重症化予防に取り組みこと。以上の2つがかかげられました。
さて、予防医療への活用情報として取り上げられた”レセプト”ですが、今こ
のレセプトの電子化はどこまで進んでいるのか。
社会保険診療報酬支払基金のホームページには、その進捗が掲載されています
ので、以下にはその公開データを抜粋します。
■平成25年4月診療分における請求内訳(医療機関数・薬局数)
(1)医療機関数
(2)電子レセプトによる請求
(3)紙レセプトによる請求
(1)  (2)      (3)
医科|病院    8,579   8,487(98.9%)     92(1.1%)
医科|診療所  87,902  74,131(84.3%)  13,771(15.7%)
医科|計    96,481  82,618(85.6%)  13,863(14.4%)
歯科|     71,270  33,642(47.2%)  37,628(52.8%)
調剤|     55,060  52,170(94.8%)   2,890(5.2%)
ご覧のとおり、調剤の9割以上、医科診療所の8割以上が電子化されたわけで
すが、歯科においては、その進度は緩やかというか、遅れています。
なぜ、歯科の進捗が遅いのか。それは言うまでもなく、歯科ではレセプト電算
化のメリットが医療機関側で認知されていないということになるのでしょう。
より具体的な理由を問うたアンケート調査があるわけではないので真意はわか
りませんが...。
都道府県別に見ると、普及率に差があることも見えます。
[レセ電受付分]
件数(率)  医療機関数(率)
——————————
北海道 58.3    49.3
青森  60.6    52.9
岩手  53.4    47.7
宮城  65.0    55.7
秋田  65.3    57.2
山形  61.4    54.1
福島  67.4    57.1
茨城  54.0    46.9
栃木  61.4    51.3
群馬  67.6    59.0
埼玉  56.3    47.1
千葉  58.6    49.3
東京  54.9    42.7
神奈川 52.1    43.7
新潟  87.6    77.0
富山  79.4    69.2
石川  66.8    55.5
福井  76.5    68.1
山梨  50.1    44.0
130723_vol_048.txt | 3/6
長野  66.4    56.0
岐阜  48.2    42.4
静岡  64.4    55.9
愛知  49.7    42.1
三重  66.5    57.1
滋賀  58.9    52.7
京都  63.9    52.3
大阪  49.7    40.2
兵庫  53.5    44.7
奈良  54.1    47.7
和歌山 48.1    37.3
鳥取  58.8    53.6
島根  59.4    48.1
岡山  53.5    42.8
広島  47.0    38.1
山口  52.5    43.3
徳島  52.5    43.2
香川  58.6    51.0
愛媛  55.4    49.2
高知  60.5    54.2
福岡  45.8    35.6
佐賀  60.6    52.7
長崎  68.1    58.9
熊本  56.5    46.9
大分  66.8    57.4
宮崎  75.5    67.3
鹿児島 62.2    52.8
沖縄  60.4    49.5
______________________________
全国  56.6    47.2
※率(%)は歯科全体の医療機関数、件数に対する請求形態ごとの割合である。
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
━◆メールマガジン バックナンバー&付録資料のご案内◆━
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
メールマガジン本文バックナンバーと付録の資料がダウンロードできるように、
ヨシダホームページ内会員ページに「デンタルネットワーク グループ21」の
コーナーを設置しました。
https://www.yoshida-dental.co.jp/member/01/index.html
ご自身の登録ID(メールアドレス)とパスワードで会員ページにログインし、
各号の付録資料等をダウンロードしてご利用ください。
尚、バックナンバー/付録資料の閲覧には、下記専用のパスワードが必要になり
ます。
+———————-+
専用パスワード : g21
+———————-+
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
━◆「デンタルネットワーク グループ21」勉強会◆━
全国エリア別−2013年8月開催予定
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
「デンタルネットワーク グループ21」は、『開業後に強い歯科医院を作る
130723_vol_048.txt | 4/6
こと』をメインテーマに、各エリア1回・2回・4回・6回・8回コースにて定期開
催しています ”開業を目指す先生方の経営勉強会 ” です。
開業を成功に導くには、(1)安定した返済計画の立案、(2)開業後の増患対策、
(3)スタッフの戦力化、この3点が重要であるといわれています。エリア別に定
期開催しております勉強会では、融資・事業計画、スタッフ教育、建築内装に
関する問題など、強い歯科医院を築くための具体的なテーマを取り上げ、分か
りやすい解説・先輩開業医による体験談などを交えて楽しく進めてまいります。
奥様同伴で参加される先生方も多数いらっしゃいます。
お気軽にご参加ください。
「デンタルネットワーク グループ21」勉強会への参加お申し込みは、
弊社Webサイトから登録できます。
http://www.yoshida-dental.co.jp/expert/01/01_g21.htm
———————————————————————-
[ 仙台エリア ]開催場所−(株)ヨシダ 東北支店
———————————————————————-
2013年8月25日(日) 13:00〜
内装建築
┗武者 剛 (株)小西造型 第二事業部次長
開業後のマーケティング
┗小寺 博光 シャープファイナンス(株) 仙台支店長
———————————————————————-
[ 広島エリア ]開催場所−(株)玉井歯科商店 広島店
———————————————————————-
2013年8月25日(日)10:00−17:00
「これからの歯科医院経営を考える」
「融資に必要な事業計画書作成実習」
┗小島 龍哉 (株)ヨシダ PMC チーフコンサルタント
東京医科歯科大学 非常勤講師
「公的融資制度の有効利用」
┗日本政策金融公庫
「保証人・担保無しでの融資制度」
┗リコーリース(株)
———————————————————————-
[ 福岡エリア ]開催場所−(株)ヨシダ 九州支店
———————————————————————-
2013年8月11日(日)13:00−17:00
継続通院したくなる歯科医院のスタッフ育成計画(育成編)
−ひとに愛される、愛すべきスタッフとの出会いと育成のポイント−
┗岩崎 小百合 先生
(いわさき歯科医院 歯科衛生士/兵庫県加古川市)
———————————————————————-
●お客様の個人情報については、お客様の開業に向けて支援となる情報等のご
提供のために使用させていただきます。
もし、お客様の個人情報のお取り扱いに関してお問い合わせ等がありました
ら、弊社事務局までお問い合わせください。
ご連絡先 mailto:secretary@yoshida-dental.co.jp

●本メールマガジンの配信は、毎月21日を予定しております。
●「メールマガジン配信停止ご希望の先生へ]
130723_vol_048.txt | 5/6
title欄に「Re:送信停止希望」旨記載していただき本mailをご返信ください。
次回から本メールの配信は停止いたします。
●著作権は(株)ヨシダまたは情報提供者に帰属します。掲載記事を許可なく転
載することを禁じます。配信されたメールを第三者に転送したり、Webサイト
へアップするなど、メールの再配信はお断りします。
●各種情報の提供またはその遅滞、変更、中断、中止、停止もしくは廃止、
その他本メールに関連して発生したお客様または第三者の損害について、
一切の責任を負わないものとします。
●本メールアドレス宛に送信されたお問い合わせ内容についてのレスポンスは、
弊社営業日・時間、業務の都合で、ご希望に沿わない場合が考えられますの
で、予めご了承下さい。
Copyright(c) YOSHIDA Dental Trade Distribution Co.,Ltd. All Rights Reserved.
130723_vol_048.txt | 6/6

ポップアップ