メールマガジンバックナンバー

20140723

vol_60号『医療訴訟の動向』

======================================================================
「デンタルネットワーク グループ21」メールマガジン vol_60号
『医療訴訟の動向』
======================================================================
今回お届けする情報は....
◆歯科医院経営講座『医療訴訟の動向』
◆トピックス『平成25年「我が国の保健統計」』
◆メールマガジン バックナンバー&付録資料のご案内
◆「デンタルネットワーク グループ21」勉強会
全国エリア別-2014年8月開催予定
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
┃歯科医院経営講座┃
━◆『医療訴訟の動向』◆━
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
第60回のテーマは『医療訴訟の動向』です
前回まで、患者さんの不満はどのように形成されていくのか、医療現場でク
レームが増加していることについてお話ししました。
今回は医療訴訟の動向についてお話しします。
最高裁の公表データによると、平成22年度医療訴訟の新たな受付件数は794件
でした。あらたな受付件数は平成16年の1110件をピークに減少傾向にあります。
一方、地方裁判所において判決や和解などにより、決着した件数は平成20年度
955件、平成21年922件、平成22年896件と、こちらも減少傾向にあります。
診療科目別に見ていくと、歯科だけが平成20年70件、平成21年71件、平成22年
72件と緩やかに増加しています。
医療訴訟は、解決までに時間がかかることが多い。医療訴訟の平均審理期間
(第一審裁判所で、訴えが提起されてから、判決や和解などで事件が終了する
までの期間)は、全国データで平成8年度には37か月であったのが、平成20年
度には27か月と、審理期間は短縮されてきています。しかし、一般の民事訴訟
の平均審理期間が平成17年度8.4か月に比べると長い時間を要するのが現実です。
そのため、訴えられた医療機関にとっては精神的・経済的な負担が大きくなり
ます。
医療訴訟というと、治療ミスを連想します。確かに、「医療行為に対する注
意義違反」の事例が多いのは事実です。しかし、近年増加しているのが、「説
明義務違反」の事例だそうです。
患者さんには、自分が受ける治療等を自分で決める権利を持っています。しか
し、患者さんには治療等に関する専門知識を持っていません。そこで、専門家
である歯科医師は、患者が自分で受けるべき治療を決定できるように、必要な
情報を提供する義務を負っています。
歯科治療には、一般的に以下のような特徴があります。
(1)不可逆性
歯科治療は、抜歯や形成など元の状態に戻すことのできない治療がある。
(2)多様性
歯冠修復などの際には、使用する材質が多様に及ぶ事があり、患者さんの
決定権が重視される
(3)非緊急性
生命を救うために緊急措置を講ずる必要がある場合は少なく、多くの場合、
説明および同意を求める時間を確保することは可能である。
こうした特徴から、歯科医師の説明義務の範囲は広範で、厳格になる傾向
にあります。
説明義務違反による紛争を避けるためには、
140723_vol_060.txt | 1/7
(1)具体的な説明
歯科医師による説明は、患者が理解できるように平易な言葉による説明を
心がける。患者が理解できたかどうか察し、理解度に応じた具体的な説明
を行う。
また、言語だけの説明では、患者の理解を得られない場合も多いため、画
像や模型イラストなどを用い、視覚にも訴えて理解を促す手法も必要にな
る。
(2)環境整備
患者さんが自分の意見や質問を行いやすい環境を整える事が必要になりま
す。できうるならば、コンサルティングルームの整備が望まれるところで
す。それ以上に、重要なことは、日頃から患者さんとの信頼関係を構築す
るための努力を重ねる事でしょう。
(3)カルテ
説明義務違反の関する紛争では、患者に説明したか否か、患者が同意した
か否か、が争いになるケースが多い。
過去の判決では、
「カルテは、歯科医師等が、自己の業務上、診療行為の都度、経時的に作
成するものですから、カルテに記載された症状、病名、処置、その他の診
療経過の記載は、その時点における作成者の事実認識の反映であり、記載
通りの事実が存在し、あるいは、そのような認識判断があったものと強く
推認される。」とされています。
紛争を防ぐためにも、患者さんへの説明や患者さんが同意についてもカル
テ記載しておくことが必要となるでしょう。
こうした紛争になるのは、患者さんと医療機関とのコミュニケーション不足
が大きく関係しています。日頃から患者さんとのコミュニケーションをとる努
力は必要事項です。
患者さんとのコミュニケーションは歯科医師が一人で行えるものではありませ
ん。歯科医院全体で患者さんとのコミュニケーションを考えるべきです。
患者さんの多くは、歯科医医院の中で最もコミュニケーションをとりたい相手
は歯科医師です。しかし、最も遠慮する相手も歯科医師です。だから、患者さ
んが本音やクレームをぶつける相手は、スタッフであることが多いのが現実で
す。だからこそ、全員で患者さんの情報を共有し、対応できるように備えてお
くことが大事です。
今回は、ここまでです。
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
━◆トピックス『平成25年「我が国の保健統計」』◆━
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
厚生労働省は先月末、平成25年「我が国の保健統計」について発表しました。
この資料は、同省が所管する「医療施設調査」「患者調査」「衛生行政報告例」
「地域保健・健康増進事業報告」「医師・歯科医師・薬剤師調査」「病院報告」
「受療行動調査」「国民医療費」の主な統計について、グラフを中心として時
系列観察及び地域別観察等を行い、保健統計の概要が平易にわかるように編集
されたものです。
今回は、この中から主に歯科診療所経営にに係る統計数値を抜粋してお届けし
ますが、歯科としての独立したデータは少ないことから、医療外来の切り口で
選別してあります。
尚、本資料は厚生労働省ホームページの下記リンクからダウンロードページに
遷移し、全文入手可能です。
http://www.mhlw.go.jp/
ホーム > 統計情報・白書 > 各種統計調査 > 厚生労働統計一覧 > 我が国の保
140723_vol_060.txt | 2/7
健統計
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■患者調査
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■推定外来患者数(総数)|歯科診療所/一般診療所
歯科診療所における推定外来患者の推移は、昭和50年(1975)以降ほとんど増
減はなく、推定患者数は,1,362.5(千人)となっている。
一方、一般診療所における推定外来患者数の推移は、昭和50年(1975)以降穏や
かな減少傾向を示していたが、平成14年(2002)以降は上昇傾向を示し、推定
患者数は、4,238.8(千人)となっている。
■推定外来患者数(年齢別)|外来
昭和50年(1975)以降、0〜14歳及び、15歳から34歳の患者数が年々減少する一
方で、65から74歳及び、75歳以上の患者数は、増加の一途を辿っています。
尚、35〜64歳の年齢層患者数はほぼ一定、増減はありません。
■外来受療率(人口10万人対)|年齢層別
変化の一番大きい区分は65から74歳及び、75歳以上の区分で、平成8年(1996)
以降一転して減少傾向を示しているが、集計最終年度である平成23年(2011)
は上昇に転じている。
■入院・外来受療率|地域特性(都道府県別にみた受療率 人口10万対)
入院受療率は、高知県が2,208と最も高く、神奈川県が674と最も低い。一方
外来受療率は、佐賀県が6,931と最も高く、沖縄県が4,371と最も低い。
■外来受療率|疾患・男女別(人口10万人対)
歯及び歯の支持機能の疾患がもっとも高く、次いで高血圧疾患、脊柱障害、
急性上気道感染症、関節炎、糖尿病の順となっている。以下は詳細の数値。
総数   男   女
—————————————————-
歯及び歯の支持機能の疾患   821 723 913
高血圧疾患          529 427 615
脊柱障害           402 360 442
急性上気道感染症       216 198 233
関節炎            191 97 279
糖尿病            166 185 148
■受診前の情報入手
患者の半数以上が、受診前に何らかの情報入手を行っている。
9.0% 無回答
39.2% 特に情報入手はしていない
51.8% 情報を入手した
(情報入手した情報源
┣ 26.3% 医療機関の相談窓口
┣ 13.1% 病院が発信するインターネットの情報
┣ 11.8% 病院の看板やパンフレットなどの広告
┣  5.1% 行政機関の相談窓口
┣  1.8% 行政機関が発信するインターネットの情報
┣  6.5% 行政機関が発行する広告誌やパンフレット
┣  5.3% 病院・行政機関以外が発信するインターネットの情報
┣  4.6% 新聞・雑誌・本の記事やテレビ・ラジオの番組
┗ 46.2% その他
■外来患者の待ち時間と診察時間
140723_vol_060.txt | 3/7
(診察までの待ち時間)
21.7% 15分未満
22.7% 15分以上30分未満
21.1% 30分以上1時間未満
10.1% 1時間以上1時間30分未満
5.8% 1時間30分以上2時間未満
3.2% 2時間以上3時間未満
1.2% 3時間以上
14.2% 無回答
(診察時間)
13.6% 3分未満
38.3% 3分以上10分未満
22.1% 10分以上20分未満
3.8% 20分以上30分未満
4.7% 30分以上
17.5% 無回答
■病院に対する満足度
「満足」で最も多かった項目は、「医師以外の病院スタッフの対応」。
「不満」では多いのは、「待ち時間」があげられた。
(満足)
49.8% 医師以外の病院スタッフの対応
49.4% 医師との対話
47.3% 医師による診察・治療内容
38.4% 診察時のプライバシ保護の対応
34.5% 痛みなどのからだの症状を和らげる対応
33.2% 診療時間
31.4% 精神的なケア
25.0% 診療までの待ち時間
(不満)
25.5% 診療までの待ち時間
7.8% 診療時間
5.9% 精神的なケア
5.8% 医師との対話
5.5% 痛みなどのからだの症状を和らげる対応
5.1% 医師による診察・治療内容
4.1% 医師以外の病院スタッフの対応
3.4% 診察時のプライバシ保護の対応
■医療機関に対する不満感、不満を感じたときの行動
「不満を感じたことがある」患者について、相談相手は家族・友人・知人が最
も多い
49.0% 家族・友人・知人
40.0% 主治医(担当していた医師)
23.6% 医師以外の病院スタッフ(相談窓口を含む)
21.2% 別の医師(セカンドオピニオンなど)
12.0% 行政機関(都道府県・市区町村・保健所など)
8.6% 第三者機関、団体(医師会を含む)
6.0% その他
■病院で請求された金額、病院で請求された金額に対する負担感
(請求された金額)
10.0% 0円
26.7% 1円〜1千円未満
140723_vol_060.txt | 4/7
28.6% 1千円〜3千円未満
7.3% 3千円〜5千円未満
9.1% 5千円〜1万円未満
4.5% 1万円以上
13.1% 無回答
(負担感)
21.1% 負担に感じない
15.0% あまり負担に感じない
33.4% ふつう
13.6% やや負担に感じる
6.7% 負担に感じる
10.2% 無回答
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■医療施設の動向
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
■医療機関数
歯科診療所は、昭和50年(1975)以降増加から、ここ数年は横ばい状態で推移
している。平成24年は、68,474件。
■都道府県別にみた人口10万人対 歯科診療所数
全国平均53.7に対して、東京が全国1位で突出しているほか、北海道、神奈川、
大阪、和歌山、広島、徳島、福岡が全国平均を超えている。
■在宅医療サービスの実施状況|一般診療所
一般診療所の約25%が往診に対応している。
24.5% 往診
20.4% 在宅患者訪問診療
0.1% 歯科訪問診療
1.6% 救急搬送診療
3.5% 在宅患者訪問看護・指導
0.4% 精神科在宅患者訪問看護・指導
2.2% 宅患者訪問リハビリテーション指導管理
13.4% 訪問看護ステーションへの指示書の交付
3.3% 在宅看取り
7.1% 居宅療養管理指導(介護要望サービス含む)
1.8% 訪問看護(介護予防サービスを含む)
1.4% 訪問リハビリテーション(介護予防サービスを含む)
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
━◆メールマガジン バックナンバー&付録資料のご案内◆━
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
メールマガジン本文バックナンバーと付録の資料がダウンロードできるように、
ヨシダホームページ内会員ページに「デンタルネットワーク グループ21」の
コーナーを設置しました。
https://www.yoshida-dental.co.jp/member/01/index.html
ご自身の登録ID(メールアドレス)とパスワードで会員ページにログインし、
各号の付録資料等をダウンロードしてご利用ください。
尚、バックナンバー/付録資料の閲覧には、下記専用のパスワードが必要になり
ます。
+———————-+
専用パスワード : g21
+———————-+
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
140723_vol_060.txt | 5/7
━◆「デンタルネットワーク グループ21」勉強会◆━
全国エリア別-2014年8月開催予定
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
「デンタルネットワーク グループ21」は、『開業後に強い歯科医院を作る
こと』をメインテーマに、各エリア1回・2回・4回・6回・8回コースにて定期開
催しています ”開業を目指す先生方の経営勉強会 ” です。
開業を成功に導くには、(1)安定した返済計画の立案、(2)開業後の増患対策、
(3)スタッフの戦力化、この3点が重要であるといわれています。エリア別に定
期開催しております勉強会では、融資・事業計画、スタッフ教育、建築内装に
関する問題など、強い歯科医院を築くための具体的なテーマを取り上げ、分か
りやすい解説・先輩開業医による体験談などを交えて楽しく進めてまいります。
奥様同伴で参加される先生方も多数いらっしゃいます。
お気軽にご参加ください。
「デンタルネットワーク グループ21」勉強会への参加お申し込みは、
弊社Webサイトから登録できます。
http://www.yoshida-dental.co.jp/expert/01/01_g21.htm
———————————————————————-
[ 仙台エリア ]開催場所-(株)ヨシダ 東北支店
———————————————————————-
2014年8月10日(日) 13:00−
差別化をはかるクリニック設計
┗鈴木 浩二(株式会社アーキボックス 代表取締役社長)
田子内 徳雄(株式会社ヨシダ CPC 部)
開業後のマーケティング
┗小寺 博光(シャープファイナンス株式会社 仙台支店長)
———————————————————————-
[ 東京エリア ]開催場所-(株)ヨシダ 東京支店
———————————————————————-
2014年8月10日(日)10:00−16:00
物件があれば開業したい先生へ 〜アドバンスコース Step.1〜
【融資】「知らないと損する資金調達」
┗山下 覚 (株)ヨシダクリニックプランナー
各金融会社の金融商品紹介
┗日本政策金融公庫 八十二銀行 ジャパンデンタル リコーリース他
———————————————————————-
[ 名古屋エリア ]開催場所-(株)ヨシダ 中部支店
———————————————————————-
2014年8月24日(日)13:00−17:00
新規開業に向けて 聞いて得するセミナー!
「開業を成功させるためのノウハウ」
┣日本政策金融公庫
┣(株)リスクマネージメント・ラボラトリー
┗エンパワーヘルスケア(株)
———————————————————————-
[ 広島エリア ]開催場所-(株)ヨシダ 中四国支店
———————————————————————-
2014年8月31日(日)13:00−17:00
開業を成功するためのノウハウ
知らないは危険に通し−る!!
┗小島龍哉 (株)ヨシダPMCチーフコンサルタント
東京医科歯科大学 非常勤講師
スタッフ募集・採用・教育のホ−イント
140723_vol_060.txt | 6/7
┗川上菜穗子 (株)ヨシダPMC歯科衛生士
———————————————————————-
[ 下関エリア ]開催場所-(株)玉井歯科商店 下関店
———————————————————————-
2014年8月3日(日)13:00−17:00
開業前から知っておきたい基礎知識
歯科医院経営を成功させるための労務管理のポイント
『患者様から信頼されるスタッフ育成のノウハウ』
┗川上 菜穗子(株式会社ヨシダPMC 歯科衛生士)
『歯科医院を成功させる労務管理のポイント』
┗小島 龍哉(株式会社 ヨシダPMC チーフコンサルタント
東京医科歯科大学非常勤講師)
『ヨシダ開業支援について』
(セミナー後、個別相談を実施します。)
———————————————————————-
[ 福岡エリア ]開催場所-(株)ヨシダ 九州支店
———————————————————————-
2014年8月10日(日)13:00−17:00
継続通院したくなる歯科医院のスタッフ育成計画(育成編)
┗岩崎 小百合 先生(いわさき歯科医院 歯科衛生士/兵庫県加古川市)
———————————————————————-
●お客様の個人情報については、お客様の開業に向けて支援となる情報等のご
提供のために使用させていただきます。
もし、お客様の個人情報のお取り扱いに関してお問い合わせ等がありました
ら、弊社事務局までお問い合わせください。
ご連絡先 mailto:secretary@yoshida-dental.co.jp

●本メールマガジンの配信は、毎月21日を予定しております。
●「メールマガジン配信停止ご希望の先生へ]
title欄に「Re:送信停止希望」旨記載していただき本mailをご返信ください。
次回から本メールの配信は停止いたします。
●著作権は(株)ヨシダまたは情報提供者に帰属します。掲載記事を許可なく転
載することを禁じます。配信されたメールを第三者に転送したり、Webサイト
へアップするなど、メールの再配信はお断りします。
●各種情報の提供またはその遅滞、変更、中断、中止、停止もしくは廃止、
その他本メールに関連して発生したお客様または第三者の損害について、
一切の責任を負わないものとします。
●本メールアドレス宛に送信されたお問い合わせ内容についてのレスポンスは、
弊社営業日・時間、業務の都合で、ご希望に沿わない場合が考えられますの
で、予めご了承下さい。
Copyright(c) YOSHIDA Dental Trade Distribution Co.,Ltd. All Rights Reserved.
140723_vol_060.txt | 7/7

ポップアップ