メールマガジンバックナンバー

20100421

vol_9号『借入のポイント1』

======================================================================
■「デンタルネットワーク グループ21」メールマガジン vol_009号
『借入のポイント1』
======================================================================
「デンタルネットワーク グループ21」メールマガジン vol_009号を配信さ
せていただきました。今回お届けする情報は....
・歯科医院経営講座『借入のポイント1』
・トピックス『医院の収益性と経営方針との関係調査』
・メールマガジン バックナンバー&付録資料のご案内
・「デンタルネットワーク グループ21」勉強会
全国エリア別−5月開催予定
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
━━◆第9回『歯科医院経営講座』◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
第9回のテーマは『借入のポイント1』です。
今回は、借入をするときの基本的な考えをお話しします。
借入をするときの基本は、「長期で低利」の借入です。では、なぜ長期の資金
が有利なのでしょう。ここでは、借入期間と返済金額の関係を見ていきます。
例えば、5,000万円を年4%で借入を行った場合を見てみましょう。
借入期間が5年の場合、年間での元利金合計返済額は、11,231千円になる。月額
に直すと936千円です。
この返済をしようと思えば、約1億円の診療報酬が無ければならないことになり
ます。
開業資金であれば、自殺行為に近いといえます。
テナント開業の場合に金融機関から当初提示されることが多い、借入期間10年
ではどうでしょう。
年間での元利金合計返済額は6,165千円である。月額に直すと514千円です。
全国平均の診療報酬額程度(約4300万円)を確保できれば返済可能ではある。
しかし、決して余裕がある状態ではありません。
それでは、住宅ローン並の25年であったらどうなるのでしょうか。
年間返済額は、3,201千円になる。月額に直すと、267千円です。
この返済額であれば、かなりの余裕を持った返済が可能となります。
さて、元利金合計での比較はできました。税引後利益の中から返済しなければ
いけない元金部分だけを比較すると、10年の場合には初年度4,165千円になり
ます。25年の場合には1,201千円ですみます。
返済期間が長ければ、毎月の返済元利金合計が少なくなるのはもちろんですが、
税引後で支払わなければいけない元金部分が大幅に縮小することができる点に
注目すべきでしょう。
返済のリスクを軽減し、なおかつ、税引後の資金流出を抑えることができるの
が長期借入ということになります。
あれっ、なんだか判りにくいぞ。と思われた方もいらっしゃるでしょう。
毎月の返済額は、元金と利息の合計額です。しかし、税務上あるいは会計上の
処理では、取り扱いが違っています。
次回は、この歯科医院のお金の流れについて、お話しします。

B_100421_vol_009_2.txt
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
━━◆トピックス『医院の収益性と経営方針との関係調査』◆━━━━━━━
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
病院検索サイトを運営する「QLife(キューライフ)」(本社=東京都世田谷区)
はこのほど、医科、歯科診療所の院長、動物病院の院長を対象に収益性と経営
方針の関係を探った調査結果を発表しました。今回お届けするデータは、上記
調査結果からの抜粋です。
●調査責任
株式会社QLife
●実施概要
(1) 調査対象:全国の医院院長
(2) 有効回収数:200人(医科診療所100人、歯科診療所50人、動物病院50人)
(3) 調査方法:インターネット調査
(4) 調査時期:2009/9/5〜2009/9/7
●有効回答者の属性(性別・年代)
男   女  計
・30代 11.0%  5.0%  16.0%
・40代 34.5%  7.5%  42.0%
・50代 30.5%  3.0%  33.5%
・60代  8.5%  0.0%  8.5%
・計  84.5% 15.5%
———————————————————————-
1.あなたの医院は、「患者満足度志向」や「患者への配慮」が、強いと思い
ますか。
———————————————————————-
収益「好調」 収益「不調」
・他医院より「強い」  69%      31%
・他医院と「同じ」   49%      51%
・他医院より「弱い」   5%      95%
収益性は、「患者満足度志向」と強く相関することがわかった。満足度志向が
強い方が儲かる。「患者満足度」志向が「強い」医院の69%が、収益「好調」で
あった。他院と同程度の医院では、好・不調がほぼ半数づつであった。「弱い」
医院では、5%しか収益「好調」ではない。
※収益性の「好調/不調」は院長の自己申告。調査票上での実際の記載は、
「周囲の類似の医院にくらべて、『好調/不調』だと思う」。よって黒字でも
「不調」、あるいは赤字でも「好調」としている可能性もある。なお内訳は、
「好調:わからない:不調=36%:31%:33%」というバランスになった。
———————————————————————-
2.あなたの医院は、「集客/集患施策」(広告など)を、実施していますか。
一番近いものを選んでください。
———————————————————————-
収益「好調」 収益「不調」
・熱心に実施        65%     35%
・あまり熱心ではない    48%     52%
・「広告」は一切しない   58%     42%
・「集客/集患」意識ない   39%     61%
広告の実施度合いと収益性との間には、強い相関は見られない。広告に熱心な
医院の65%は収益「好調」であった。注目すべきは、「広告を一切しない」医院
は、少し広告を行う(「あまり熱心ではない」)医院よりも、むしろ好調であ
ること。広告をやるなら、熱心にやるか、一切やらないかのどちらかにすべき
B_100421_vol_009_2.txt
で、「他院もやっているから、ほどほどに」という中途半端はうまくいかない
ようだ。
広告費は、一般企業・店舗でも成否差が大きい経費。「自院の特徴や患者層、
土地柄」に合致した広告ノウハウを構築するまでの試行錯誤投資をする覚悟・
熱心さがないと、かえって無駄遣いになりそうだ。
なお、「広告は一切しない」および「患者を集めようという発想自体がない」
医院が、全体の40%にのぼった。物販・飲食業などの常識とは異なる特徴だ。
———————————————————————-
3.昨今の「患者の意識変化」は、良いことですか。
———————————————————————-
収益「好調」 収益「不調」
・「良い」こと   83%     17%
・どちらでもない  55%     45%
・「悪い」こと   39%     61%
院長は、「昨今の患者の意識変化」を、どう感じているのか。
まず「あなたが最も顕著に感じる『患者の意識変化』は何ですか?」と具体的
に聞いた上で(後述)、「その患者の意識変化は、良いことだと思いますか?」
と質問した。
その結果、「患者意識変化=良い」とした院長の83%が収益「好調」だったが、
「どちらでもない」「悪いこと」と積極的ではない院長は、56%が収益「不調」
に苦しんでいる。つまり、「変化」をポジティブにとらえる(または、肯定的
な変化が目につく、あるいは実際に院内に多い)院長の方が、儲かっているよ
うだ。
———————————————————————-
4.あなたが最も顕著に感じる「患者の意識変化」は、何ですか。
———————————————————————-
・A:コスト意識      25.0%     A集計=43.2%
・A:受診控え       18.2%     B集計=18.2%
・B:情報収集・知識偏向  11.9%     C集計=26.7%
・C:権利・自己主張    10.2%     D集計=13.1%
・C:サービス要求増     8.5%
・C:身勝手         8.0%
・B:質問増         6.3%
・D:医師選び        5.1%
・D:治療の質要求      4.5%
・予防意識         2.3%
・医療不信         2.3%
・D:専門医志向       1.7%
・D:大病院志向       1.7%
・予防無関心        1.7%
・その他          17.6%
昨今の『患者の意識変化』で、一番顕著に感じるものを聞いたところ、最多は
「コスト意識」25%であり、これと関連性が強いと思われる「受診控え」も18%
で2位に入った。次に多かったのが「情報収集・メディア影響・知識偏向」12%
で、これと関連性が強いと思われる「質問増」も6%で8位に入っている。
その次が、「受診控え」「権利・自己主張」「サービス要求増」「身勝手」と
いった内容だ。
※自由記入された内容を分類して集計した。さらに、関連性が高いと思われる
同士を「A]「B」・・とグルーピングした。複数内容を挙げた院長は複数人と
カウントした。
B_100421_vol_009_2.txt
———————————————————————-
5.その(あなたが最も顕著に感じる)「患者の意識変化」は、良いことですか。
———————————————————————-
それは     どちらでも  それは
「良い」こと  ない     「悪い」こと
・A:コスト意識      2.3%      9.1%     13.6%
・A:受診控え       1.1%      1.7%     15.3%
・B:情報収集・知識偏向  4.5%      3.4%      4.0%
・C:権利・自己主張    0.6%      4.0%      5.7%
・C:サービス要求増    1.7%      2.3%      4.5%
・C:身勝手        0.0%      0.0%      8.0%
・B:質問増        5.1%      0.6%      0.6%
・D:医師選び       4.0%      1.1%      0.0%
・D:治療の質要求     1.7%      2.8%      0.0%
・予防意識         2.3%      0.0%      0.0%
・医療不信         0.0%      1.1%      1.1%
・D:専門医志向      1.1%      0.6%      0.0%
・D:大病院志向      0.0%      1.1%      0.6%
・予防無関心        0.0%      0.0%      1.7%
・その他          1.1%      6.3%     10.2%
・合計          23.3%      25.0%     51.7%
前ページで挙げた「患者の意識変化」を、「良い」ことと思うか、「悪い」と
思うかを聞いた。
A:「コスト意識」「受診控え」グループと、C:「権利・自己主張」「サービ
ス要求増」「身勝手」グループは、「悪い」こととされる傾向が強い。
B:「情報収集・メディア影響・知識偏向」「質問増」は、「良い」こととさ
れる方が多い。
D:「医師選び」「専門医志向」「大病院志向」といった、“患者が医者を選ぶ
傾向”は概して歓迎のようだ。
なお、ポジティブ視点の院長が挙げた患者変化は、「質問増」「情報収集」
「医師選び」が多い。ネガティブ視点の院長が挙げる患者変化は、「受診控え」
「コスト意識」「身勝手」「権利・自己主張」「サービス要求増」が多い。
●本調査内容の全文は、下記URLでダウンロードできます。
http://www.qlife.co.jp/news/100413qlife_research.pdf
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
━━◆メールマガジン バックナンバー&付録資料のご案内◆━━━━━━━━
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
メールマガジン本文バックナンバーと付録の資料がダウンロードできるように、
ヨシダホームページ内会員ページに「デンタルネットワーク グループ21」の
コーナーを設置しました。
https://www.yoshida-dental.co.jp/member/01/index.html
ご自身の登録ID(メールアドレス)とパスワードで会員ページにログインし、
各号の付録資料等をダウンロードしてご利用ください。
尚、バックナンバー/付録資料の閲覧には、下記専用のパスワードが必要になり
ます。
+———————-+
専用パスワード : g21
+———————-+
B_100421_vol_009_2.txt
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
━━◆「デンタルネットワーク グループ21」勉強会◆━━━━━━━━━━
全国エリア別−2010年5月開催予定
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
「デンタルネットワーク グループ21」は、『開業後に強い歯科医院を作る
こと』をメインテーマに、各エリア4回コースにて定期開催しています ”開業
を目指す先生方の経営勉強会 ” です。
開業を成功に導くには、(1)安定した返済計画の立案、(2)開業後の増患対策、
(3)スタッフの戦力化、この3点が重要であるといわれています。エリア別に定
期開催しております勉強会では、融資・事業計画、スタッフ教育、建築内装に
関する問題など、強い歯科医院を築くための具体的なテーマを取り上げ、分か
りやすい解説・先輩開業医による体験談などを交えて楽しく進めてまいります。
奥様同伴で参加される先生方も多数いらっしゃいます。
お気軽にご参加ください。
「デンタルネットワーク グループ21」勉強会への参加お申し込みは、
弊社Webサイトから登録できます。
http://www.yoshida-dental.co.jp/01/01_g21.htm
———————————————————————-
[ 仙台エリア ]開催場所−(株)ヨシダ東北支店
———————————————————————-
2010年5月30日(日)13:00−17:00
『研修期間中のスタッフの教育コミュニケーションの実際』
┗ 岩崎 小百合(歯科衛生士)いわさき歯科医院 院長夫人
———————————————————————-
[ 水戸エリア ]開催場所−伊勢甚本社 中央ビル8階(水戸市泉町2−3−2)
———————————————————————-
2010年5月30日(日)10:00−16:00
『ヨシダの開業支援 開業リサーチから内覧会企画・運営サポート!』
┗ 後藤 弘康 (株)ヨシダ クリニック・マネージメント・コンサルタンツ
東関東担当
『資金調達のポイント』
┗ 阿久津 和隆 日本コンサルティングブレーン(株) 開業支援室 主任
『スタッフは医院経営のパートナー』
┗ 小久保 弥生 (株)ヨシダ プランニング・マネージメント・コンサルタンツ
『開業までの流れ』
┗ 海保 史夫 (株)ヨシダ プランニング・マネージメント・コンサルタンツ
———————————————————————-
[ 千葉エリア ]開催場所−(株)ヨシダ千葉営業所
———————————————————————-
2010年5月23日(日)10:00−16:00
『ヨシダの開業支援 開業リサーチから内覧会企画・運営サポート!』
┗ 後藤 弘康 (株)ヨシダ クリニック・マネージメント・コンサルタンツ
東関東担当
『資金調達のポイント』
┗ 阿久津 和隆 日本コンサルティングブレーン(株) 開業支援室 主任
『開業前から「増患プロモーション」を総合プロデュース』
┗ 本多 隆子 (株)メディカルアドバンス 代表取締役社長
『開業までの流れ』
┗ 海保 史夫 (株)ヨシダ プランニング・マネージメント・コンサルタンツ
———————————————————————-
[ 埼玉エリア ]開催場所−BMT浦和(浦和駅東口石井ビル3階)
———————————————————————-
B_100421_vol_009_2.txt
2010年5月9日(日) 13:00−17:00
『事業計画書作成実習』
┗ 海保 史夫 (株)ヨシダ プランニング・マネージメント・コンサルタンツ
———————————————————————-
[ 横浜エリア ]開催場所−(株)ヨシダ横浜営業所
———————————————————————-
2010年5月16日(日) 13:00−16:00
『リサーチの勧め』
┗ 須田 直人 (株)ヨシダ クリニック・マネージメント・コンサルタンツ
神奈川地区担当
『先輩開業医の話を聞く−私が、歯科医師、妻、母として行ってきたこと−』
┗ 根本 京子 ねもと歯科クリニック 院長
『予約が取れる内覧会・広告とスタッフ教育』
┗ 本多 睦子 (株)メディカルアドバンス 代表取締役社長
———————————————————————-
[ 名古屋エリア ]開催場所−(株)ヨシダ中部支店
———————————————————————-
2010年 5月16日(日)10:00−16:30
『事業計画書を作成してみましょう』
┗ (株)ヨシダ PMC 小島 龍哉(東京医科歯科大学非常勤講師)
———————————————————————-
[ 大阪エリア ]開催場所−(株)ヨシダ大阪支店
———————————————————————-
2010年 5月16日(日)13:00−17:00
『歯科界の現状と歯科医院経営の仕組み』
┗ (株)ジャパンデンタル 大阪支店 支店長 芝池 高之
『スタッフの採用・面接・試用期間の対応』
┗ 藤井社会保険労務士事務所 所長 藤井 淳夫
———————————————————————-
[ 福岡エリア ]開催場所−(株)ヨシダ九州支店
———————————————————————-
2010年5月9日(日)
『先輩開業医の体験を聴く』
┗ 北九州市 ながた歯科クリニック 院長 永田 一斉
———————————————————————-
●お客様の個人情報については、お客様の開業に向けて支援となる情報等のご
提供のために使用させていただきます。
もし、お客様の個人情報のお取り扱いに関してお問い合わせ等がありました
ら、弊社事務局までお問い合わせください。
ご連絡先 mailto:secretary@yoshida-dental.co.jp

●本メールマガジンの配信は、毎月20日を予定しております。
●「メールマガジン配信停止ご希望の先生へ]
title欄に「Re:送信停止希望」旨記載していただき本mailをご返信ください。
次回から本メールの配信は停止いたします。
●著作権は(株)ヨシダまたは情報提供者に帰属します。掲載記事を許可なく転
載することを禁じます。配信されたメールを第三者に転送したり、Webサイト
へアップするなど、メールの再配信はお断りします。
●各種情報の提供またはその遅滞、変更、中断、中止、停止もしくは廃止、
その他本メールに関連して発生したお客様または第三者の損害について、
B_100421_vol_009_2.txt
一切の責任を負わないものとします。
●本メールアドレス宛に送信されたお問い合わせ内容についてのレスポンスは、
弊社営業日・時間、業務の都合で、ご希望に沿わない場合が考えられますの
で、予めご了承下さい。
Copyright(c) YOSHIDA Dental Trade Distribution Co.,Ltd. All Rights Reserved.

ポップアップ