滲出液へのコントロールにより 術野の確保を行う ‐前歯部編‐

  • 臨床実践テクニック編
  • 補綴治療
  • 歯科医師,歯科衛生士



このコンテンツを見るためにはJavaScriptを有効にしてください。Please enable JavaScript to watch this content.

栗原一雄先生 臨床実践テクニック

形成後出血を伴ったケースですが、1回のアポイントで印象採得まで行ったケースをご紹介します。

ポップアップ