PRODUCT

商品情報

新製品情報

2017.01.12

日常診断で使用するパノラマにもこだわりを

高感度Direct C-MOSセンサー


日常診断の中心であるパノラマ画像においてキメの細かい診断をサポートします。

図6

 

 

 

 

 

 

 

 

次世代高解像度Direct C-MOSセンサーを使用することでX線は直接電気信号に変換されます。そのため、ボケの少ないシャープな画像が得られます。

断層可変テクノロジー(Adjust Focus Technology)


 

撮影後でも患者さんの歯列サイズや形状に合わせた画像を再構築できるため、最撮影のリスクが軽減します。

AFT2AFT

 

 デンタル切り出し機能搭載


パノラマ画像からデンタルサイズへの切り出しが行えます。開口が困難な患者様に対して有効です。

きりだし

10枚法や14枚法、その他フォーマットございます。

10キャプチャ14キャプチャ

 

※パノラマ・デンタルの同時算定はできません。

 

NEXT

図21

ポップアップ