RECRUIT

採用情報

現場力×専門知識が生み出す「ときめき」

器材営業職は、歯科医療の現場で主に歯科材料の営業活動を担当している。歯科業界において歯科材料は競争も激しく、彼は多忙な毎日を送っている。主な営業先は卸先である販売代理店(ディーラー)だが、(株)ヨシダの営業スタイルとして、歯科医院への訪問も欠かせない。
「ここ最近、ヨシダは新製品を続々と出しています。ディーラー様にその製品の名前を覚えていただくと嬉しいですね。それを拡販していただけたときは、一生懸命に営業活動をした日々のことが思い出されて、さらに嬉しくなります。」
(株)ヨシダでは、“営業マンが現場で営業活動を行い、そこから生まれた現場の声を開発側にフィードバックする”というのが通常の流れだが、本部の開発担当者と連携して行動する事も少なくない。
「場面に応じて開発担当の方と一緒に動くこともありますよ。より専門的で詳しい説明を求められるようなときは、同行してより詳しい説明をしてもらうこともあります。さらに、ドクター同士の勉強会では複数のドクターがいらっしゃるので、協力し合いながら新製品の拡販に努めています。この動きは、開発担当の方にとっても現場での生の声を直接聞くことができる良い機会になります。」

笑顔が溢れる社会へ。

歯面コーティング材「Icon」の時にも、現場のドクターやディーラーの意見から初期の販売につながった例がある。
「『Icon』は、今までにはなかったコンセプトの新製品ですから、すべてのドクターがすぐに導入するかというとそうではありません。現場では、『Icon』の評判を広めるところからのスタートでした。そこで、ディーラー様に相談したところ、あるヒントをいただき、そのヒントを元にターゲット先を絞って営業活動を展開し、やっとの思いで初期の販売につなげました。その甲斐あって、『Icon』の評判や知名度がドクターの間で広がってきたことで、少しずつ需要が高まってきています。」
開発と現場の連携、そしてディーラーから有益な情報を得て製品を広めていく。これこそ(株)ヨシダが誇る人間力であろう。
将来の夢は「いずれは開発に携わっていくような仕事をしていきたいです。私自身がときめいて見つけ出した製品で笑顔が溢れる社会にしたいですね。」

  • スタッフ04

    総合営業
    Y・Matumoto
    2010年入社

  • スタッフ05

    専門営業 レセプトコンピューター担当
    Y・Ooe
    2011年入社

  • スタッフ06

    専門営業 器材担当
    K・Izumikawa
    2009年入社

  • スタッフ01

    器材部 企画・開発 主任
    K・Oohara
    2004年入社

  • スタッフ02

    総合営業 係長
    D・Yamamoto
    2004年入社

  • スタッフ03

    広告宣伝部 係長
    T・Yuzawa
    2007年入社