新規開業時からの最新の歯内療法 ~第4世代のNi-Tiロータリーファイルを使用した根管形成から根管充填~

日時:2016年02月28日(日)

日常の根管治療で頭を悩まさせているのが大臼歯の根管治療である。前歯や小臼歯のように歯牙のポジションや根管数そして根管形態が容易ではない。実際の臨床では、患者さんの開口量や対合歯との関係で器具操作が大変困難になる場合も多い。また再治療では見落とし根管やレッジ・パーフォレーションといった医原性変化が起こっているのも大臼歯である。本講演では根管治療における大臼歯の解剖学的特徴と根管形成の攻略法を解説し、受講される先生方の日常臨床の参考にして頂きたい。

新規開業時からの最新の歯内療法    ~第4世代のNi-Tiロータリーファイルを使用した根管形成から根管充填~