新規開業時からの最新の歯内療法

日時:2015年04月19日(日)

N i -Tiロータリーファイルが日本に導入され、はや15数年が経とうとしているが、その使用率は3割にも満たない。これらNi-Tiロータリーファイル使用の障害となっている大きな要因はファイル破折とコストであろう。しかし使用方法やルールを遵守すれば克服できる点も多く、一概にそれだけを問題視するのはナンセンスである。根管治療の原則をしっかりと把握していれば、そのような点に振り回されることなく確実な治療が可能となる。今回は新開発されたR相を用いたロータリーファイルを交えながらタイムマネージメントを考慮した根管治療を解説させて頂く。

新規開業時からの最新の歯内療法