セミナーのご案内

大臼歯CAD/CAM冠保険収載に伴いAD/CAMシステムへの需要はさらに高まってきています。
当セミナーでは支台歯形成から口腔内スキャン・デザイン・ミリングまでの一連の流れを院内で完結するシステムをご紹介しながら先生方の疑問にお答えします。

近年、歯科補綴の分野において歯科用CAD/CAMシステムを利用することが定着しつつあり、日本国内においても歯科用CAD/CAM市場は確立されてきたといえます。
本講演では、(株)ヨシダより発売されております歯科用CAD/CAMシステム「トロフィーカムプロ」を活用した日常臨床におけるCAD/CAMシステムのポイントをお話しします。
導入メリットや導入前の疑問・課題を解決します!

近年、歯科補綴の分野において歯科用CAD/CAMシステムを利用することが定着しつつあり、日本国内においても歯科用CAD/CAM市場は確立されてきたといえます。
本講演では、(株)ヨシダより発売されております歯科用CAD/CAMシステム“Trophy Solutions”を中心に、実症例をまじえながら活用のポイントをお話しします。導入メリットや導入前の疑問・課題を解決します!

近年、歯科補綴の分野において歯科用CAD/CAMシステムを利用することが定着しつつあり、日本国内においても歯科用CAD/CAM市場は確立されてきたといえます。
本講演では、(株)ヨシダより発売されております歯科用CAD/CAMシステム「トロフィーカムプロ」を活用した日常臨床におけるCAD/CAMシステムのポイントをお話しします。
導入メリットや導入前の疑問・課題を解決します!

近年、歯科補綴の分野において歯科用CAD/CAMシステムを利用することが定着しつつあり、日本国内においても歯科用CAD/CAM市場は確立されてきたといえます。
本講演では、(株)ヨシダより発売されております歯科用CAD/CAMシステム「トロフィーカムプロ」を活用した日常臨床におけるCAD/CAMシステムのポイントをお話しします。導入メリットや導入前の疑問・課題を解決します!

  • 会場:東上パールビルヂング B1F 第三ホール
  • 講師:小池 軍平 先生
  • 定員:10 人
  • 資料:詳細PDFダウンロード

歯科用CAD/CAMシステムが使用され始めてから30年ほどが過ぎ応用分野は保存・修復に始まり義歯、歯科矯正に至るまでその範囲は急速に広がっている。
今回、口腔内光学スキャナーの臨床例とその長期症例をもとに未来の歯科臨床の可能性について検討したい。

近年CAD/CAMテクノロジーは飛躍的な進歩を遂げ、今やCAD/CAMなくして補綴、歯科技工を語ることはできない時代に突入しようとしています。歯科界が大きな転換期を迎えようとしているなかで機器、材料は何を選択する事がベストでしょうか?
急加速するデジタル技工に対応するために、本講演では、今CAD/CAMが必要とされる理由、そしてデジタルラボラトリーの未来について講演いたします。

近年、歯科補綴の分野において歯科用CAD/CAMシステムを利用することが定着しつつあり、日本国内においても歯科用CAD/CAM市場は確立されてきたといえます。
本講演では、(株)ヨシダより発売されております歯科用CAD/CAMシステム「トロフィーカムプロ」を活用した日常臨床におけるCAD/CAMシステムのポイントをお話しします。
導入メリットや導入前の疑問・課題を解決します!

  • 会場:株式会社ヨシダ 本社
  • 講師:鈴木 浩司 先生/首藤 瑞希 先生 
  • 定員:15 人
  • 資料:詳細PDFダウンロード

今回は、歯科医療従事者、歯科業界関係者等々をはじめ幅広くヨガに興味がある方を募集いたします。
これからの健康で幸せな人生を、皆さんと一緒に探求していきます。この機会にぜひ歯科とヨガのチカラを実感してみましょう!

※特別講演につき、WEBからのお申込みの場合も受講料は¥10,000となります。ご了承ください。

大臼歯CAD/CAM冠保険収載に伴いCAD/CAMシステムへの需要はさらに高まってきています。
当セミナーでは支台歯形成から口腔内スキャン・デザイン・ミリングまでの一連の流れを院内で完結するシステムをご紹介しながら先生方の疑問にお答えします。

  • 会場:株式会社ヨシダ 九州支店
  • 講師:麻生 幸男 先生/佐久間 愛 先生
  • 定員:40 人
  • 資料:詳細PDFダウンロード

CAMBRA™とは「Caries Management By Risk Assessment ~ リスク評価に基づくう蝕管理~」の略名で、予防歯科の発達するアメリカ、カリフォルニア大学サンフランシスコ校歯学部長フェザーストーン名誉教授が提唱するう蝕予防法です。エビデンスに基き、過去のう蝕経験や唾液量等から個々人のう蝕リスクを評価し、それに応じたリスクを下げる為の処置がすべてプロトコル化されています。全米でも広く普及しており、米国65 校の歯科大学中、40 校が教育プログラムとして導入。これからの日本の予防歯科診療に欠かせない、世界基準のう蝕管理方法です。

C A M B R A ™ の理論や概要、リスク評価や処置の「基礎」を学ぶ
【W h a t ’ s C A M B R A ™ 編】
C A M B R A ™ を臨床でどう応用するかを、導入する歯科医師・歯科衛生士から学ぶ
【C A M B R A ™ 臨床編】【C A M B R A ™ 診療フロー編】
がございます。