セミナーのご案内

前歯部へのアプローチは審美的観念から重要な部位である。直接患者が評価しやすいが為、自身への評価に直結して繋がるものである。
今回は前歯へのアプローチの中でもコンポジットレジンを用いた充填方法並びに前歯部の形成について基礎的な審美的概念を踏まえ、基本的な治療をどのように行っていくかを説明していきたい。

※参加対象は歯科医師のみ(開業医・勤務医・研修医・学生)とさせていただきます。

前歯部へのアプローチは審美的観念から重要な部位である。直接患者が評価しやすいが為、自身への評価に直結して繋がるものである。
今回は前歯へのアプローチの中でもコンポジットレジンを用いた充填方法並びに前歯部の形成について基礎的な審美的概念を踏まえ、基本的な治療をどのように行っていくかを説明していきたい。

※参加対象は歯科医師のみ(開業医・勤務医・研修医・学生)とさせていただきます。
※サテライト会場では、東京会場のセミナーをライブ中継でご覧いただけます。

前歯部へのアプローチは審美的観念から重要な部位である。直接患者が評価しやすいが為、自身への評価に直結して繋がるものである。
今回は前歯へのアプローチの中でもコンポジットレジンを用いた充填方法並びに前歯部の形成について基礎的な審美的概念を踏まえ、基本的な治療をどのように行っていくかを説明していきたい。

※参加対象は歯科医師のみ(開業医・勤務医・研修医・学生)とさせていただきます。
※サテライト会場では、東京会場のセミナーをライブ中継でご覧いただけます。

前歯部へのアプローチは審美的観念から重要な部位である。直接患者が評価しやすいが為、自身への評価に直結して繋がるものである。
今回は前歯へのアプローチの中でもコンポジットレジンを用いた充填方法並びに前歯部の形成について基礎的な審美的概念を踏まえ、基本的な治療をどのように行っていくかを説明していきたい。

※参加対象は歯科医師のみ(開業医・勤務医・研修医・学生)とさせていただきます。
※サテライト会場では、東京会場のセミナーをライブ中継でご覧いただけます。

  • 会場:株式会社ヨシダ 本社
  • 講師:天野 晃 先生/金丸 順策 先生
  • 定員:20 人
  • 資料:詳細PDFダウンロード

「咬合」を理論でわかっていても、日常臨床で診療に活かされていますか!?
痛い、しみる、などの主訴にて来院したものの、口腔内所見及びエックス線所見においても異常が認められず、対症療法に原因がわからないままあたりまえのように抜髄処置などで対処し、主訴の解決を図ろうとしている状況が現実に多いのではないだろうか?
このような原因不明の歯に対しての診査・診断を通して、咬合とエンドのかかわりを解説します。

また、超高齢社会の我が国において義歯臨床は避けては通れない道である。
入れ歯だから噛めない、落ちると患者さんだけではなく術者も諦めているのが現実ではないか。多数歯欠損のケース、無歯顎のケースを治療していく場合、初診時の診査からどう考えてどのような手順で進めていけばよいだろうか?初診からメンテナンスまでそれぞれのケースを提供します。

※参加対象は歯科医師のみ(開業医・勤務医・研修医・学生)とさせていただきます。

  • 会場:株式会社ヨシダ 中部支店
  • 講師:天野 晃 先生/金丸 順策 先生
  • 定員:10 人
  • 資料:詳細PDFダウンロード

「咬合」を理論でわかっていても、日常臨床で診療に活かされていますか!?
痛い、しみる、などの主訴にて来院したものの、口腔内所見及びエックス線所見においても異常が認められず、対症療法に原因がわからないままあたりまえのように抜髄処置などで対処し、主訴の解決を図ろうとしている状況が現実に多いのではないだろうか?
このような原因不明の歯に対しての診査・診断を通して、咬合とエンドのかかわりを解説します。

また、超高齢社会の我が国において義歯臨床は避けては通れない道である。
入れ歯だから噛めない、落ちると患者さんだけではなく術者も諦めているのが現実ではないか。多数歯欠損のケース、無歯顎のケースを治療していく場合、初診時の診査からどう考えてどのような手順で進めていけばよいだろうか?初診からメンテナンスまでそれぞれのケースを提供します。

※参加対象は歯科医師のみ(開業医・勤務医・研修医・学生)とさせていただきます。
※サテライト会場では、東京会場のセミナーをライブ中継でご覧いただけます。

  • 会場:株式会社ヨシダ 九州支店
  • 講師:天野 晃 先生/金丸 順策 先生
  • 定員:10 人
  • 資料:詳細PDFダウンロード

「咬合」を理論でわかっていても、日常臨床で診療に活かされていますか!?
痛い、しみる、などの主訴にて来院したものの、口腔内所見及びエックス線所見においても異常が認められず、対症療法に原因がわからないままあたりまえのように抜髄処置などで対処し、主訴の解決を図ろうとしている状況が現実に多いのではないだろうか?
このような原因不明の歯に対しての診査・診断を通して、咬合とエンドのかかわりを解説します。

また、超高齢社会の我が国において義歯臨床は避けては通れない道である。
入れ歯だから噛めない、落ちると患者さんだけではなく術者も諦めているのが現実ではないか。多数歯欠損のケース、無歯顎のケースを治療していく場合、初診時の診査からどう考えてどのような手順で進めていけばよいだろうか?初診からメンテナンスまでそれぞれのケースを提供します。

※参加対象は歯科医師のみ(開業医・勤務医・研修医・学生)とさせていただきます。
※サテライト会場では、東京会場のセミナーをライブ中継でご覧いただけます。

  • 会場:株式会社ヨシダ 中四国支店
  • 講師:天野 晃 先生/金丸 順策 先生
  • 定員:10 人
  • 資料:詳細PDFダウンロード

「咬合」を理論でわかっていても、日常臨床で診療に活かされていますか!?
痛い、しみる、などの主訴にて来院したものの、口腔内所見及びエックス線所見においても異常が認められず、対症療法に原因がわからないままあたりまえのように抜髄処置などで対処し、主訴の解決を図ろうとしている状況が現実に多いのではないだろうか?
このような原因不明の歯に対しての診査・診断を通して、咬合とエンドのかかわりを解説します。

また、超高齢社会の我が国において義歯臨床は避けては通れない道である。
入れ歯だから噛めない、落ちると患者さんだけではなく術者も諦めているのが現実ではないか。多数歯欠損のケース、無歯顎のケースを治療していく場合、初診時の診査からどう考えてどのような手順で進めていけばよいだろうか?初診からメンテナンスまでそれぞれのケースを提供します。

※参加対象は歯科医師のみ(開業医・勤務医・研修医・学生)とさせていただきます。
※サテライト会場では、東京会場のセミナーをライブ中継でご覧いただけます。