YK全国セミナー2016 基礎概論編 仙台会場

日時:2016年04月24日(日)

今日における予防歯科臨床は、エビデンスに基づいた診査、診断によってリスク評価を行い、疾患の発症を未然にコントロールする管理型に焦点が当てられていますが、実践的な論文や医学的評価は未だ少ないのが現状です。私たちの提唱する「定期管理型」歯科医療では患者さんの未来の口腔を予測し、適切な治療、結果の評価が可能であると考えています。また、患者さんの関心事は、専門家が口腔の健康をどのように守ってくれるのかにあります。その思いを抱く患者さんの期待に、医院としてこたえ続けていく責任が私たちにはあります。また、そのような歯科医院が増えることで、患者さんや地域が変わっていくことでしょう。それこそが社会の資産となるべき医院の未来形であると信じています。基礎概論 実践習得編を通して患者さんを教育、心理的アプローチをもって自発的な予防行動を定着、習慣化させ、医学的根拠による口腔内の生物学的健康バランスを築き、長期的に口腔の健康を保つ医療戦略を一緒に考えていきます。ご参加される先生方の、本セミナーにおける最も大きなチャレンジは、医院全体の一般臨床に対する考え方のパラダイムシフトを起こすことです。この機会にご一緒に勉強できますことを大変楽しみにしています。
★過去のセミナーレポートは<a href="https://www.yoshida-dental.co.jp/info/6951/"こちらから★

YK全国セミナー2016 基礎概論編 仙台会場