CLINIC DESIGN PLAN歯科医院建築実例

  • 全て表示

テナント

かずデンタルクリニック鳩ケ谷 埼玉県川口市

開業時だからこそ、医院のインフラを意識した「価値ある機器」を導入したい。

エアー回路がつまったり故障することで診療がストップすることが、歯科医院にとって一番のダメージだと思います。患者さんの目に入ることのないバキュームやコンプレッサといった機械類はコスト削減の対象となりがちですが、そんな医院の基盤となる機器こそ、開業当初からきちんと整備したいと考え「ウィスパーシリーズ」を導入しました。
機械類の故障が少ないことはもちろんですが、今は患者さんも水や空気を気にする時代です。「ウィスパーシリーズ」なら食品工場レベルの高品質エアーを供給できるので、臨床面・安全面・快適性からみても、非常に大きなメリットです。
開業時のメリットだけでなく、長期的な医院経営を考えても、コストパフォーマンスの高いインフラ構築ができたと満足しています。

診療スペース。オイルやダスト混入のない食品工場レベルのエアーで治療が可能。患者さんに対して安全なのはもちろん、配管やユニットを守ることにも繫がる。

あえてレントゲン室に隣接させた機械室。診療スペースと機械室がレントゲン室の鉛ボードを隔てているので、さらに効率的な防音が可能。

機械室内。ウィスパーのコンプレッサー・バキュームシステム。ボックスに収納されているので、静音かつコンパクトに収まる。

DATA

かずデンタルクリニック鳩ケ谷

●所在地:埼玉県川口市
●物件形状:テナント
●坪数:約23坪

ポップアップ