セミナーのご案内 歯科衛生士向け

セミナーをお申し込みの際は会員ログインしてください。
会員登録がお済みでない方は、新規会員登録をお願い致します。
Webからのお申込みで受講料が10%割引になります。(一部セミナーを除く)

会員ログイン
新規会員登録
お問い合わせ

YK-CAMBRA(TM)セミナー【CAMBRA(TM)臨床編】

  • 日時:2017年09月24日
  • 会場:東京・国際新赤坂ビル 博報堂セミナールーム
  • 講師:麻生 幸男 先生/麻生歯科クリニックスタッフ 講師情報
  • 定員:60 人
  • 資料:詳細PDFダウンロード

開催時間:10:00~16:30

CAMBRA™によるリスク評価と処置方法等、導入している歯科医師・歯
科衛生士から具体的な運用方法についてお話させて頂きます。診療内容を知ることで、自医院に取り入れるイメージが出来ます。是非、実務の役割を担う歯科衛生士さんと一緒にご参加下さい。

※当セミナーへのご参加は、【What's CAMBRA™編】への事前参加をお勧めしています。

C A M B R A ™ の理論や概要、リスク評価や処置の「基礎」を学ぶ
【W h a t ’ s C A M B R A ™ 編】
C A M B R A ™ を臨床でどう応用するかを、導入している歯科医師・歯科衛生士から学ぶ
【C A M B R A ™ 臨床編】
がございます。

麻生先生ver
残りわずか

YK-CAMBRA(TM)セミナー【CAMBRA(TM)臨床編】

  • 日時:2017年10月29日
  • 会場:株式会社博報堂 関西支社 大会議室
  • 講師:麻生 幸男 先生/麻生歯科クリニックスタッフ 講師情報
  • 定員:60 人
  • 資料:詳細PDFダウンロード

開催時間:10:00~16:30

CAMBRA™によるリスク評価と処置方法等、導入している歯科医師・歯
科衛生士から具体的な運用方法についてお話させて頂きます。診療内容を知ることで、自医院に取り入れるイメージが出来ます。是非、実務の役割を担う歯科衛生士さんと一緒にご参加下さい。

※当セミナーへのご参加は、【What's CAMBRA™編】への事前参加をお勧めしています。

C A M B R A ™ の理論や概要、リスク評価や処置の「基礎」を学ぶ
【W h a t ’ s C A M B R A ™ 編】
C A M B R A ™ を臨床でどう応用するかを、導入している歯科医師・歯科衛生士から学ぶ
【C A M B R A ™ 臨床編】
がございます。

麻生先生ver
空席あり

CAMBRA(TM)診療フロー実践編

  • 日時:2017年11月09日
  • 会場:株式会社ヨシダ 本社7F Learning Studio
  • 講師:麻生歯科クリニック スタッフ 
  • 定員:20 人
  • 資料:詳細PDFダウンロード

CAMBRA™でう蝕予防
患者もスタッフもモチベーションアップ!
新患を定期メインテナンスに導くノウハウを実技説明!

CAMBRA™を用いてどのようにう蝕を予防管理しているのか?
カリスクリーンをどのように活用しているのか?
受付から予防計画まで、CAMBRA™を取り入れた診療フローをお伝え致します。

 

注1:CAMBRA™の基礎的な講義はございません。事前にYK-CAMBRA™セミナー【What's CAMBRA™編】へのご参加をお勧めします。
注2:チームスタッフそれぞれの役割の講義や、ワークショップもございます。2名様以上でのご参加をお勧めします。
注3:3名様以上でのご参加は、事務局へご連絡ください。

アイキャッチ画像
空席あり

第3回CAMBRA(TM)特別講演会

  • 日時:2017年11月19日
  • 会場:SMBCホール
  • 講師:ダグラス・ヤング教授 
  • 定員:300 人
  • 資料:詳細PDFダウンロード

いよいよ受付開始です。第3回CAMBRA™特別講演会としまして、パシフィック大学よりダグラス・ヤング教授を招聘致します。

2015年12月20日、CAMBRA™日本初公演として、提唱者であるフェザーストーン教授を招聘し、CAMBRA™の理論と概念をご講演いただきました。
2016年11月20日、第2回特別講演会として、書籍『BALANCE』の著者でもあるキム・クーチ先生を招聘し、臨床現場でのCAMBRA™の活用法、患者さんへのリスクマネジメント提案方法についてお話いただきました。
この度、第3回特別講演会としまして、パシフィック大学よりダグラス・ヤング教授を招聘致します。大学教授でもあり、臨床家でもあるヤング教授より、最新のCAMBRA™研究情報をご紹介いただくと共に、臨床現場での実践をお伝えいただきます。

図1
空席あり

<開催中止>YK-CAMBRA(TM)セミナー【What’s CAMBRA(TM)編】

  • 日時:2017年11月26日
  • 会場:東京・国際新赤坂ビル 博報堂セミナールーム
  • 講師:竹下 玲 先生 講師情報
  • 定員:60 人
  • 資料:詳細PDFダウンロード

開催時間:10:00~16:00

CAMBRA™とは「Caries Management By Risk Assessment ~ リスク評価に基づくう蝕管理~」の略名で、予防歯科の発達するアメリカ、カリフォルニア大学サンフランシスコ校歯学部長フェザーストーン教授が提唱するう蝕予防法です。エビデンスに基き、過去のう蝕経験や唾液量等から個々人のう蝕リスクを評価し、それに応じたリスクを下げる為の処置がすべてプロトコル化されています。全米でも広く普及しており、米国65 校の歯科大学中、40 校が教育プログラムとして導入。これからの日本の予防歯科診療に欠かせない、世界基準のう蝕管理方法です。

C A M B R A ™ の理論や概要、リスク評価や処置の「基礎」を学ぶ
【W h a t ’ s C A M B R A ™ 編】
C A M B R A ™ を臨床でどう応用するかを、導入する歯科医師・歯科衛生士から学ぶ
【C A M B R A ™ 臨床編】
がございます。

竹下先生ver
セミナー中止

YK-CAMBRA(TM)セミナー【What’s CAMBRA(TM)編】

開催時間:10:00~16:00

CAMBRA™とは「Caries Management By Risk Assessment ~ リスク評価に基づくう蝕管理~」の略名で、予防歯科の発達するアメリカ、カリフォルニア大学サンフランシスコ校歯学部長フェザーストーン教授が提唱するう蝕予防法です。エビデンスに基き、過去のう蝕経験や唾液量等から個々人のう蝕リスクを評価し、それに応じたリスクを下げる為の処置がすべてプロトコル化されています。全米でも広く普及しており、米国65 校の歯科大学中、40 校が教育プログラムとして導入。これからの日本の予防歯科診療に欠かせない、世界基準のう蝕管理方法です。

C A M B R A ™ の理論や概要、リスク評価や処置の「基礎」を学ぶ
【W h a t ’ s C A M B R A ™ 編】
C A M B R A ™ を臨床でどう応用するかを、導入する歯科医師・歯科衛生士から学ぶ
【C A M B R A ™ 臨床編】
がございます。

麻生先生ver
空席あり

CAMBRA(TM)診療フロー実践編

  • 日時:2018年01月18日
  • 会場:株式会社ヨシダ 本社7F Learning Studio
  • 講師:麻生歯科クリニック スタッフ 
  • 定員:20 人
  • 資料:詳細PDFダウンロード

CAMBRA™でう蝕予防
患者もスタッフもモチベーションアップ!
新患を定期メインテナンスに導くノウハウを実技説明!

CAMBRA™を用いてどのようにう蝕を予防管理しているのか?
カリスクリーンをどのように活用しているのか?
受付から予防計画まで、CAMBRA™を取り入れた診療フローをお伝え致します。

 

注1:CAMBRA™の基礎的な講義はございません。事前にYK-CAMBRA™セミナー【What's CAMBRA™編】へのご参加をお勧めします。
注2:チームスタッフそれぞれの役割の講義や、ワークショップもございます。2名様以上でのご参加をお勧めします。
注3:3名様以上でのご参加は、事務局へご連絡ください。

アイキャッチ画像
空席あり

YK-CAMBRA(TM)セミナー【What’s CAMBRA(TM)編】

開催時間:10:00~16:00

CAMBRA™とは「Caries Management By Risk Assessment ~ リスク評価に基づくう蝕管理~」の略名で、予防歯科の発達するアメリカ、カリフォルニア大学サンフランシスコ校歯学部長フェザーストーン教授が提唱するう蝕予防法です。エビデンスに基き、過去のう蝕経験や唾液量等から個々人のう蝕リスクを評価し、それに応じたリスクを下げる為の処置がすべてプロトコル化されています。全米でも広く普及しており、米国65 校の歯科大学中、40 校が教育プログラムとして導入。これからの日本の予防歯科診療に欠かせない、世界基準のう蝕管理方法です。

C A M B R A ™ の理論や概要、リスク評価や処置の「基礎」を学ぶ
【W h a t ’ s C A M B R A ™ 編】
C A M B R A ™ を臨床でどう応用するかを、導入する歯科医師・歯科衛生士から学ぶ
【C A M B R A ™ 臨床編】
がございます。

麻生先生ver
空席あり

YK-CAMBRA(TM)セミナー【CAMBRA(TM)臨床編】

  • 日時:2018年01月28日
  • 会場:株式会社ヨシダ 上野本社
  • 講師:麻生 幸男 先生/麻生歯科クリニックスタッフ 講師情報
  • 定員:60 人
  • 資料:詳細PDFダウンロード

開催時間:10:00~16:30

CAMBRA™によるリスク評価と処置方法等、導入している歯科医師・歯
科衛生士から具体的な運用方法についてお話させて頂きます。診療内容を知ることで、自医院に取り入れるイメージが出来ます。是非、実務の役割を担う歯科衛生士さんと一緒にご参加下さい。

※当セミナーへのご参加は、【What's CAMBRA™編】への事前参加をお勧めしています。

C A M B R A ™ の理論や概要、リスク評価や処置の「基礎」を学ぶ
【W h a t ’ s C A M B R A ™ 編】
C A M B R A ™ を臨床でどう応用するかを、導入している歯科医師・歯科衛生士から学ぶ
【C A M B R A ™ 臨床編】
がございます。

麻生先生ver
空席あり

YK-CAMBRA(TM)セミナー【What’s CAMBRA(TM)編】

開催時間:10:00~16:00

CAMBRA™とは「Caries Management By Risk Assessment ~ リスク評価に基づくう蝕管理~」の略名で、予防歯科の発達するアメリカ、カリフォルニア大学サンフランシスコ校歯学部長フェザーストーン教授が提唱するう蝕予防法です。エビデンスに基き、過去のう蝕経験や唾液量等から個々人のう蝕リスクを評価し、それに応じたリスクを下げる為の処置がすべてプロトコル化されています。全米でも広く普及しており、米国65 校の歯科大学中、40 校が教育プログラムとして導入。これからの日本の予防歯科診療に欠かせない、世界基準のう蝕管理方法です。

C A M B R A ™ の理論や概要、リスク評価や処置の「基礎」を学ぶ
【W h a t ’ s C A M B R A ™ 編】
C A M B R A ™ を臨床でどう応用するかを、導入する歯科医師・歯科衛生士から学ぶ
【C A M B R A ™ 臨床編】
がございます。

竹下先生ver
空席あり

YK-CAMBRA(TM)セミナー【CAMBRA(TM)臨床編】

  • 日時:2018年02月25日
  • 会場:株式会社ヨシダ 大阪支店
  • 講師:麻生 幸男 先生/麻生歯科クリニックスタッフ 講師情報
  • 定員:60 人
  • 資料:詳細PDFダウンロード

開催時間:10:00~16:30

CAMBRA™によるリスク評価と処置方法等、導入している歯科医師・歯
科衛生士から具体的な運用方法についてお話させて頂きます。診療内容を知ることで、自医院に取り入れるイメージが出来ます。是非、実務の役割を担う歯科衛生士さんと一緒にご参加下さい。

※当セミナーへのご参加は、【What's CAMBRA™編】への事前参加をお勧めしています。

C A M B R A ™ の理論や概要、リスク評価や処置の「基礎」を学ぶ
【W h a t ’ s C A M B R A ™ 編】
C A M B R A ™ を臨床でどう応用するかを、導入している歯科医師・歯科衛生士から学ぶ
【C A M B R A ™ 臨床編】
がございます。

麻生先生ver
空席あり

CAMBRA(TM)診療フロー実践編

  • 日時:2018年03月08日
  • 会場:株式会社ヨシダ 本社7F Learning Studio
  • 講師:麻生歯科クリニック スタッフ 
  • 定員:20 人
  • 資料:詳細PDFダウンロード

CAMBRA™でう蝕予防
患者もスタッフもモチベーションアップ!
新患を定期メインテナンスに導くノウハウを実技説明!

CAMBRA™を用いてどのようにう蝕を予防管理しているのか?
カリスクリーンをどのように活用しているのか?
受付から予防計画まで、CAMBRA™を取り入れた診療フローをお伝え致します。

 

注1:CAMBRA™の基礎的な講義はございません。事前にYK-CAMBRA™セミナー【What's CAMBRA™編】へのご参加をお勧めします。
注2:チームスタッフそれぞれの役割の講義や、ワークショップもございます。2名様以上でのご参加をお勧めします。
注3:3名様以上でのご参加は、事務局へご連絡ください。

アイキャッチ画像
残りわずか

YK-CAMBRA(TM)セミナー【What’s CAMBRA(TM)編】

開催時間:10:00~16:00

CAMBRA™とは「Caries Management By Risk Assessment ~ リスク評価に基づくう蝕管理~」の略名で、予防歯科の発達するアメリカ、カリフォルニア大学サンフランシスコ校歯学部長フェザーストーン教授が提唱するう蝕予防法です。エビデンスに基き、過去のう蝕経験や唾液量等から個々人のう蝕リスクを評価し、それに応じたリスクを下げる為の処置がすべてプロトコル化されています。全米でも広く普及しており、米国65 校の歯科大学中、40 校が教育プログラムとして導入。これからの日本の予防歯科診療に欠かせない、世界基準のう蝕管理方法です。

C A M B R A ™ の理論や概要、リスク評価や処置の「基礎」を学ぶ
【W h a t ’ s C A M B R A ™ 編】
C A M B R A ™ を臨床でどう応用するかを、導入する歯科医師・歯科衛生士から学ぶ
【C A M B R A ™ 臨床編】
がございます。

麻生先生ver
空席あり