バイオ・プロテクター(歯科用ウォーターライン除菌装置)

『菌が増殖しにくい環境に。』

ユニット水回路に微電流を持続的に流すことにより、細菌の繁殖を抑制します。

1.細菌から水を守ります。
水道水中に混入し増殖する細菌のほとんどは好気性細菌であり、ORP +200 ~ +800mV の範囲内が生活圏とされ、この範囲外では呼吸によるエネルギ ー代謝が阻害され、死滅するといわれています。『バイオ・プロテクター』 の電極近傍ではマイナス電位の還元水となり、下流方向の配水も細菌の繁殖を抑制する還元水が満たされています。

2.低価格なランニングコスト
薬剤をまったく使用することなく微小な電気のみで、常時清潔な除菌水を半永久的に年間約50 円/ 台のランニングコスト(電気代のみ)だけで提供します

3.ユニット・タービンを守ります
細菌の繁殖を常時抑制し除菌します。細菌繁殖時に生成するバイオフィルムの形成を阻止しますので、末端器具、特にタービンで問題になる詰まりを防止し、メンテナンス経費を軽減します。また、細菌に起因する管内面のヌメリや治療水の生臭さを解消します。