Dental Next Action

日本語 English
DentalNextAction
DentalNextAction

111年にわたる歴史を積み重ねてきた
ヨシダグループだからこその、気づき。

1
歯科のチカラを信じ

ヨシダグループは、
医療の現場と経営を支えるパートナーとして歯科医院の持つあらゆる可能性を模索し、人々に健康と笑顔を提供できる社会インフラとしての歯科医院づくりに取り組みます。

2
時代への気づきをもって

ヨシダグループは、
医療機器会社にとどまらない意識と価値観を持って、社会や歯科医療の現場で日々生まれる新しい課題や問題に気づきを感じること、そして自分自身にも気づき、行動することに努めます。

3
実現する

ヨシダグループでは、
業界の草分けとして培った111年にわたる技術と経験を継承。そして、時代に応じた研究開発を積極的に行い、医療現場にさらなる改善とよりよい環境を提供していきます。

DENTAL NEXT ACTION #1噛むも味わうも歯科

自分の歯で噛めないことを想像したことはありますか?
食べ物の味がしない、それはもっと考えにくいでしょう。
自分の歯で噛める、美味しく味わえることは人生の多くの喜びや楽しみであります。
その為に必要なことは、むし歯にならないことだけではありません。
ドライマウス・味覚障害の潜在患者数が、今では3,000万人とも言われる中、
その予防と治療を担っていくのは歯科の役目です。
DENTAL NEXT ACTION! 最初に掲げるテーマは「噛むも味わうも歯科」。
歯の治療・予防のさらなる研究はもちろん、
口腔環境の改善を根源的な課題として捉え
医科や食の専門家といった、多職種連携を視野に入れた取り組みにも注力していきます。

DENTAL NEXT ACTION #2歯科と身体

人間が豊かに生きていく上で 、
歯科と身体の密接な関わりによる
歯科医療の重要性が、年々大きな題目となっております。
肺炎、全身疾患、骨粗鬆症、メタボリックシンドローム
糖尿病、心臓病・動脈硬化・・・
これらはすべて歯周病がもたらす身体への影響と言われています。
今後ますます、今まで接することがなかった身体的見地から
歯科医療が語られる時代がきます。
身体の健康を守るためにも、口腔の健康を守る。
さまざまな分野の壁を超えて
私たちが一丸となって取り組んでいくことが必要です 。

取り組みの一例

歯科の価値に新しい気づきを与える

DNA特別講演会

「歯科医療の新しい価値を創造し続ける」アクションの一環としてDNA特別講演会を過去7回以上実施。
歯科の領域を広げるための活動として、日常臨床に留まらず、これまでに医科との連携や、呼吸、脳科学、麻酔、味覚といった次の時代に求められる歯科の新たな側面をテーマに取り上げてきました。

これからも社会の一員として「歯科の価値」に新しい気づきを与え、みなさまと一緒に考えていけるよう活動していきます。

体感型ショールーム

YOSHIDA DNAラーニングスタジオ

歯科医療機器を主役にするのではなく、受付、院長室、カウンセリングルーム、診療室、レントゲン室、消毒コーナー、CADCAMを使用した技工コーナーなど歯科医院をイメージした体感型のショールームです。
患者さんにリラックスしていただける空間、治療に集中できる空間など五感を刺激する工夫を施しています。

歯科医師や歯科衛生士の方々に活用して頂くだけではなく、我々ヨシダも学ばせて頂く場にしたい、そしてさらにより良い商品を提供したいという思いから、「共創」をコンセプトにしています。

成長と学びの場

G-PLUS

歯科に従事するすべての人の役に立ちたい、ヨシダの思いを形にしたプロジェクトを『G-PLUS』と名付け、これまで以上に様々な方々を対象とするセミナーを開催し、活動の領域を広げています。
詳しい内容は、G-PLUSコーナーにて、具体的なセミナーはセミナーコーナーをご覧ください。ヨシダのユニークな取り組みをみることができると思います。ヨシダの製品購入に関わらずお気軽にご参加ください。

ジープラス 学生から開業医まで臨床から経営まで学べるセミナーのご案内

予防歯科のスタンダード

CAMBRA(キャンブラ)

ヨシダは、予防歯科が未来の世界中の歯科の在る姿だと考えています。そして予防歯科を推進することは、患者からの信頼を勝ち得ることに繋がり、長く愛される歯科を生み出すことに繋がると考え、アメリカで生まれたCAMBRAを推進しています。